電子書籍 「イスラーム国」後の中東で表面化する競合と対立【文春オピニオン 2018年の論点SELECTION】 実用

著: 池内恵 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

「イスラーム国」後の中東で表面化する競合と対立【文春オピニオン 2018年の論点SELECTION】 あらすじ・内容

2014年6月、イラクとシリアで「イスラーム国」が広範囲の領域支配を行って以来、「イスラーム国」対策が中東をめぐる国際政治の焦点となってきた。掃討作戦の結果、2018年までに「イスラーム国」の支配していた地域は、ほぼ解放された。しかし、それによって中東に平和が訪れると予想する専門家は皆無だ。果たして「イスラーム国」後の中東はどうなるのか――。※「文藝春秋オピニオン2018年の論点」掲載記事を再編集して電子書籍化。

この作品を共有

「「イスラーム国」後の中東で表面化する競合と対立【文春オピニオン 2018年の論点SELECTION】」最新刊

2014年6月、イラクとシリアで「イスラーム国」が広範囲の領域支配を行って以来、「イスラーム国」対策が中東をめぐる国際政治の焦点となってきた。掃討作戦の結果、2018年までに「イスラーム国」の支配していた地域は、ほぼ解放された。しかし、それによって中東に平和が訪れると予想する専門家は皆無だ。果たして「イスラーム国」後の中東はどうなるのか――。※「文藝春秋オピニオン2018年の論点」掲載記事を再編集して電子書籍化。

「「イスラーム国」後の中東で表面化する競合と対立【文春オピニオン 2018年の論点SELECTION】」の作品情報

レーベル
文春オピニオン 2018年の論点SELECTION
出版社
文藝春秋
ジャンル
実用 ノンフィクション 社会
ページ数
18ページ (「イスラーム国」後の中東で表面化する競合と対立【文春オピニオン 2018年の論点SELECTION】)
配信開始日
2018年3月1日 (「イスラーム国」後の中東で表面化する競合と対立【文春オピニオン 2018年の論点SELECTION】)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad