電子書籍 習近平一強体制危うい「強国」戦略【文春オピニオン 2018年の論点SELECTION】 実用

著: 城山英巳 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

習近平一強体制危うい「強国」戦略【文春オピニオン 2018年の論点SELECTION】 あらすじ・内容

2017年10月の共産党大会で、習近平共産党総書記(国家主席)は、中国が建国100年を迎える2049年までに「社会主義現代化強国」になるとぶち上げた。この長期目標とともに、自画自賛の現状説明もされた。ネットは統制され、メディアからは「習主席礼賛」の声ばかりが聞こえてくる。本当に「習体制」は磐石で中国にはバラ色の未来が待っているのか……・。※「文藝春秋オピニオン2018年の論点」掲載記事を再編集して電子書籍化。

この作品を共有

「習近平一強体制危うい「強国」戦略【文春オピニオン 2018年の論点SELECTION】」最新刊

2017年10月の共産党大会で、習近平共産党総書記(国家主席)は、中国が建国100年を迎える2049年までに「社会主義現代化強国」になるとぶち上げた。この長期目標とともに、自画自賛の現状説明もされた。ネットは統制され、メディアからは「習主席礼賛」の声ばかりが聞こえてくる。本当に「習体制」は磐石で中国にはバラ色の未来が待っているのか……・。※「文藝春秋オピニオン2018年の論点」掲載記事を再編集して電子書籍化。

「習近平一強体制危うい「強国」戦略【文春オピニオン 2018年の論点SELECTION】」の作品情報

レーベル
文春オピニオン 2018年の論点SELECTION
出版社
文藝春秋
ジャンル
実用 社会
ページ数
13ページ (習近平一強体制危うい「強国」戦略【文春オピニオン 2018年の論点SELECTION】)
配信開始日
2018年3月1日 (習近平一強体制危うい「強国」戦略【文春オピニオン 2018年の論点SELECTION】)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad