電子書籍 浮き世離れの哲学よりも憂き世楽しむ川柳都々逸(単行本) 実用

著: 坂崎重盛 

まずは、無料で試し読み

試し読み

12ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

浮き世離れの哲学よりも憂き世楽しむ川柳都々逸 あらすじ・内容

「諦めきれぬをどうあきらめた 諦めきれぬとあきらめた」──人の心のありようをうたった都々逸から、「箪笥屋は離れ座敷を嫁の部屋」など、ちょっとエロティックな川柳、破礼句(ばれく)、「世の中ね顔かお金かなのよ」といった回文まで、三五〇余りの句や歌を通して、日本人の心の機微、男女の情愛や性愛の世界を読み解くエッセイ集。

この作品を共有

「浮き世離れの哲学よりも憂き世楽しむ川柳都々逸(単行本)」最新刊

「諦めきれぬをどうあきらめた 諦めきれぬとあきらめた」──人の心のありようをうたった都々逸から、「箪笥屋は離れ座敷を嫁の部屋」など、ちょっとエロティックな川柳、破礼句(ばれく)、「世の中ね顔かお金かなのよ」といった回文まで、三五〇余りの句や歌を通して、日本人の心の機微、男女の情愛や性愛の世界を読み解くエッセイ集。

「浮き世離れの哲学よりも憂き世楽しむ川柳都々逸(単行本)」の作品情報

レーベル
――
出版社
中央公論新社
ジャンル
実用 雑学 俳句・短歌
ページ数
250ページ (浮き世離れの哲学よりも憂き世楽しむ川柳都々逸)
配信開始日
2018年2月28日 (浮き世離れの哲学よりも憂き世楽しむ川柳都々逸)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad