電子書籍 遥かなる山旅(中公文庫) 文芸・小説

著: 串田孫一 

まずは、無料で試し読み

試し読み

13ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

遥かなる山旅 あらすじ・内容

山に登り、自然の中に身を置くことで、自らとの対話を続けた思索家の、山エッセイ・ベストセレクション。「何故人は山へ登るのだろう」という問いかけに始まり、山行きの持ち物から記憶に残る思い出の山々、詩篇まで、四十六篇を収録。『山歩きの愉しみ』改題。〈編・解説〉高丘卓

【目次】

I小前奏曲

  孤独な洗礼



II 身支度

  輪かんじき

  道具

  バドミントン・スタイル

  時計と高度計

  手帖

  画帖

  絵具

  地図

  乗車券

  歩き方初歩

  夏の山で気をつけること

  山の灯

  下山術

  登山者と山の本



III 山想

  春蘭

  光と水の戯れ

  波

  霙の降る林

  高原の夕映え

  暁の星

  山と老人



IV 山の博物誌

  山の博物手帖

  山に棲む虫

  冬の手帖

  春の手帖

  夏の手帖

  秋の手帖

  岩上の想い

  雪崩の音

  山上の初光

  静かな流れのほとり



V 心の山

  上高地の今昔

  小海線の車窓

  上信越の山と峠

  鳥海山

  和山の宿

  雨飾山

  穴あき沢

  関東の山々

  北海道の山

  北穂高岳

  小黒部谷遡行剣岳

  意地の悪い山案内



VI 詩篇

  山頂

  氷の岩峰

この作品を共有

「遥かなる山旅(中公文庫)」最新刊

山に登り、自然の中に身を置くことで、自らとの対話を続けた思索家の、山エッセイ・ベストセレクション。「何故人は山へ登るのだろう」という問いかけに始まり、山行きの持ち物から記憶に残る思い出の山々、詩篇まで、四十六篇を収録。『山歩きの愉しみ』改題。〈編・解説〉高丘卓

【目次】

I小前奏曲

  孤独な洗礼



II 身支度

  輪かんじき

  道具

  バドミントン・スタイル

  時計と高度計

  手帖

  画帖

  絵具

  地図

  乗車券

  歩き方初歩

  夏の山で気をつけること

  山の灯

  下山術

  登山者と山の本



III 山想

  春蘭

  光と水の戯れ

  波

  霙の降る林

  高原の夕映え

  暁の星

  山と老人



IV 山の博物誌

  山の博物手帖

  山に棲む虫

  冬の手帖

  春の手帖

  夏の手帖

  秋の手帖

  岩上の想い

  雪崩の音

  山上の初光

  静かな流れのほとり



V 心の山

  上高地の今昔

  小海線の車窓

  上信越の山と峠

  鳥海山

  和山の宿

  雨飾山

  穴あき沢

  関東の山々

  北海道の山

  北穂高岳

  小黒部谷遡行剣岳

  意地の悪い山案内



VI 詩篇

  山頂

  氷の岩峰

「遥かなる山旅(中公文庫)」の作品情報

レーベル
中公文庫
出版社
中央公論新社
ジャンル
文芸・小説 エッセイ 登山 アウトドア 日本文学
ページ数
275ページ (遥かなる山旅)
配信開始日
2018年2月28日 (遥かなる山旅)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad