電子書籍 わたしの忘れ物 文芸・小説

著: 乾ルカ 

まずは、無料で試し読み

試し読み

30ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

わたしの忘れ物 あらすじ・内容

中辻恵麻がH大学生部から無理矢理に紹介された、大型複合商業施設の忘れ物センター――届けられる忘れ物を整理し、引き取りに来る人に対応する――でのアルバイト。引っ込み思案で目立たない、透明なセロファンのような存在の私に、この仕事を紹介したのはなぜ? なぜこんな他愛のない物を引き取りに来るの? 忘れ物の品々とその持ち主との出会い、センターのスタッフとの交流の中で、少しずつ心の成長を遂げる恵麻だが――。6つの忘れ物を巡って描かれる、じんわりと心に染みる連作集。

この作品を共有

「わたしの忘れ物」最新刊

中辻恵麻がH大学生部から無理矢理に紹介された、大型複合商業施設の忘れ物センター――届けられる忘れ物を整理し、引き取りに来る人に対応する――でのアルバイト。引っ込み思案で目立たない、透明なセロファンのような存在の私に、この仕事を紹介したのはなぜ? なぜこんな他愛のない物を引き取りに来るの? 忘れ物の品々とその持ち主との出会い、センターのスタッフとの交流の中で、少しずつ心の成長を遂げる恵麻だが――。6つの忘れ物を巡って描かれる、じんわりと心に染みる連作集。

「わたしの忘れ物」の作品情報

レーベル
――
出版社
東京創元社
ジャンル
文芸・小説 ミステリー・推理・サスペンス
ページ数
320ページ (わたしの忘れ物)
配信開始日
2018年3月12日 (わたしの忘れ物)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad