電子書籍 日本経済 瀕死の病はこう治せ! 実用

著: 島田晴雄 

まずは、無料で試し読み

試し読み

25ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

日本経済 瀕死の病はこう治せ! あらすじ・内容

○日本の借金はあのギリシャより多い ○敗戦直後よりひどい財政難  ○増税延期でかさんだ赤字は100兆円
……だが、まだ道はある!
経済のエキスパートが教える、日本の破綻を防ぐ道すじ

日本経済はいま、刻一刻と破綻に向かって進んでいる。このままでは10~15年後に破綻する可能性が高い。なぜ日本にそんなことが起きるリスクが高まっているのか? 国民の暮らしにはどんなことが起きるのか? 事態を解決するてだてはあるのか? 首都大学東京理事長で経済学者の著者がわかりやすく説く、救国への道すじ。

●国の借金が全家庭の貯蓄額を超える日
●危ない日本国債がなぜ高値を続けられるのか?
●2025年、「団塊の世代」がすべて75歳以上に
●国家破綻を引き起こす4つのトリガー
●戦後日本で起こった、国民の資産を没収する強行策
●政府には消費税引き上げへのトラウマがある?
●国民に危機を理解させない2つの「しかけ」
●介護・保健事業にバウチャー制度導入を
●財政赤字の解消には20%の消費税で26年かかる
●国民の全階層に「安心保証システム」を提供する
●日本はどうして莫大な借金を背負ったのか
●アベノミクスの功
●日銀は過大な資産を市場で販売すべき
●世界に誇れる皆保険制度が抱える問題
●国際収支の統計からわかる日本の閉鎖性

この作品を共有

「日本経済 瀕死の病はこう治せ!」最新刊

○日本の借金はあのギリシャより多い ○敗戦直後よりひどい財政難  ○増税延期でかさんだ赤字は100兆円
……だが、まだ道はある!
経済のエキスパートが教える、日本の破綻を防ぐ道すじ

日本経済はいま、刻一刻と破綻に向かって進んでいる。このままでは10~15年後に破綻する可能性が高い。なぜ日本にそんなことが起きるリスクが高まっているのか? 国民の暮らしにはどんなことが起きるのか? 事態を解決するてだてはあるのか? 首都大学東京理事長で経済学者の著者がわかりやすく説く、救国への道すじ。

●国の借金が全家庭の貯蓄額を超える日
●危ない日本国債がなぜ高値を続けられるのか?
●2025年、「団塊の世代」がすべて75歳以上に
●国家破綻を引き起こす4つのトリガー
●戦後日本で起こった、国民の資産を没収する強行策
●政府には消費税引き上げへのトラウマがある?
●国民に危機を理解させない2つの「しかけ」
●介護・保健事業にバウチャー制度導入を
●財政赤字の解消には20%の消費税で26年かかる
●国民の全階層に「安心保証システム」を提供する
●日本はどうして莫大な借金を背負ったのか
●アベノミクスの功
●日銀は過大な資産を市場で販売すべき
●世界に誇れる皆保険制度が抱える問題
●国際収支の統計からわかる日本の閉鎖性

「日本経済 瀕死の病はこう治せ!」の作品情報

レーベル
幻冬舎単行本
出版社
幻冬舎
ジャンル
実用 経済 ビジネス 教養
ページ数
272ページ (日本経済 瀕死の病はこう治せ!)
配信開始日
2018年3月7日 (日本経済 瀕死の病はこう治せ!)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad