電子書籍 源氏物語(角川ソフィア文庫) 文芸

訳注: 玉上 琢弥 

まずは、無料で試し読み

試し読み

39ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

源氏物語(1) 現代語訳付き あらすじ・内容

主人公、光源氏誕生。定評のある現代語訳で読む一大長編。

理想の男性「光る源氏」を中心に、華やかな宮廷生活と内面の苦悩とをあわせ描く、物語の最高傑作。光源氏誕生の桐壺巻から、帚木・空蝉・夕顔、光源氏が幼い若紫を自邸に引き取る若紫巻までを収める第一巻。

この作品を共有

「源氏物語(角川ソフィア文庫)」最新巻

匂宮と浮舟との契りを知らず、薫は彼女を京へ移そうと準備。板ばさみになった浮舟は入水を図り、死骸も見つからぬままに葬儀を行うが、横川の僧都によって助けられていた。浮舟・蜻蛉・手習・夢浮橋を収録。

「源氏物語(角川ソフィア文庫)」作品一覧

(10冊)

780円〜930円(+税)

まとめてカート

理想の男性「光る源氏」を中心に、華やかな宮廷生活と内面の苦悩とをあわせ描く、物語の最高傑作。光源氏誕生の桐壺巻から、帚木・空蝉・夕顔、光源氏が幼い若紫を自邸に引き取る若紫巻までを収める第一巻。

故常陸宮の姫君に通うようになった光源氏。宮中では、藤壺中宮が皇子(実は光源氏の子)を産む。政敵右大臣の娘との危険な関係、正妻葵上の出産と落命――。末摘花・紅葉賀・花宴・葵・賢木・花散里を収録。

須磨へ退去した光源氏は、明石へと移った後、明石入道の一人娘と契りを結ぶ。都への召還と末摘花との再会、六条御息所の遺児の入内、明石の母子の上京――。須磨・明石・澪標・蓬生・関屋・絵合・松風を収録。

「源氏物語(角川ソフィア文庫)」の作品情報

レーベル
角川ソフィア文庫
出版社
KADOKAWA / 角川学芸出版
ジャンル
文芸 日本文学
ページ数
452ページ (源氏物語(1) 現代語訳付き)
配信開始日
2014年12月25日 (源氏物語(1) 現代語訳付き)
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad