電子書籍 アズサミコ 生贄美少女と仕込み師の地獄に華開く禁断の恋(フレジェロマンス文庫) 文芸・小説

著: 遠野語部  イラスト: 桐矢 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

アズサミコ 生贄美少女と仕込み師の地獄に華開く禁断の恋 あらすじ・内容

村は深い雪で埋もれていた。昔からの風習が根強く残った土地であった。村で一番美しい生娘を蛇神様に生贄として捧げる習わしだった。蛇神様は大きな頭を八つの下半身が支えていた。八つの一物を生贄の生娘が満足させないと村には恐ろしい祟りがあると信じられてきた。庄屋たちの陰謀で『神がかり的に美しい娘』と言われたアズサミコが生贄にされることになった。アズサミコの性を調教するために江戸から仕込み師、沙汰郎が呼ばれた。吉原遊郭で花魁を名器にする神業は評判だ。しかし、その正体は霧を吹く妖刀を携えた『妖魔の狩人』だった。地獄のような修羅の中で華開く、アズサミコと沙汰郎の禁断の恋の行方と二人の運命は!?

この作品を共有

「アズサミコ 生贄美少女と仕込み師の地獄に華開く禁断の恋(フレジェロマンス文庫)」最新刊

村は深い雪で埋もれていた。昔からの風習が根強く残った土地であった。村で一番美しい生娘を蛇神様に生贄として捧げる習わしだった。蛇神様は大きな頭を八つの下半身が支えていた。八つの一物を生贄の生娘が満足させないと村には恐ろしい祟りがあると信じられてきた。庄屋たちの陰謀で『神がかり的に美しい娘』と言われたアズサミコが生贄にされることになった。アズサミコの性を調教するために江戸から仕込み師、沙汰郎が呼ばれた。吉原遊郭で花魁を名器にする神業は評判だ。しかし、その正体は霧を吹く妖刀を携えた『妖魔の狩人』だった。地獄のような修羅の中で華開く、アズサミコと沙汰郎の禁断の恋の行方と二人の運命は!?

「アズサミコ 生贄美少女と仕込み師の地獄に華開く禁断の恋(フレジェロマンス文庫)」の作品情報

レーベル
フレジェロマンス文庫
出版社
ニューメディアプレス
ジャンル
文芸・小説 女性向け 恋愛 ミステリー・推理・サスペンス ファンタジー
ページ数
82ページ (アズサミコ 生贄美少女と仕込み師の地獄に華開く禁断の恋)
配信開始日
2015年2月20日 (アズサミコ 生贄美少女と仕込み師の地獄に華開く禁断の恋)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad