電子書籍 戦場から生きのびて ぼくは少年兵士だった(河出文庫) 実用

著: イシメール・ベア  訳者: 忠平美幸 

まずは、無料で試し読み

試し読み

17ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

戦場から生きのびて ぼくは少年兵士だった あらすじ・内容

ほくの現実はいつも「殺すか殺されるかだった」。十二歳から十五歳までシエラレオネの激しい内戦を戦った少年兵士が、ついに立ち直るまでの衝撃的な体験を世界で初めて書いた感動の物語。

この作品を共有

「戦場から生きのびて ぼくは少年兵士だった(河出文庫)」最新刊

ほくの現実はいつも「殺すか殺されるかだった」。十二歳から十五歳までシエラレオネの激しい内戦を戦った少年兵士が、ついに立ち直るまでの衝撃的な体験を世界で初めて書いた感動の物語。

「戦場から生きのびて ぼくは少年兵士だった(河出文庫)」の作品情報

レーベル
河出文庫
出版社
河出書房新社
ジャンル
実用 政治 ノンフィクション 戦記 社会
ページ数
350ページ (戦場から生きのびて ぼくは少年兵士だった)
配信開始日
2018年3月16日 (戦場から生きのびて ぼくは少年兵士だった)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad