電子書籍 曽祢まさこ短編集 ブローニイ家の悲劇 マンガ

著者: 曽祢まさこ 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

曽祢まさこ短編集 ブローニイ家の悲劇 分冊 琥珀色の夜 あらすじ・内容

良家の子女を育成するための全寮制の寄宿学校・エセルベック女学院。その中に、生徒たちの輪から離れ、いつもひとりでたたずむ少女、オードリィがいた。オードリィが一人で暮らす特別室に招かれたエマは、彼女の態度に違和感を覚える。そんな中、奇怪な事件が起きる――。

この作品を共有
  

「曽祢まさこ短編集 ブローニイ家の悲劇」最新刊

サセックス(南イングランド)の名門ブローニイ家の幼い息子ロビンは、屋敷の裏手に広がる深い森へと迷い込み、一人の美しい少女と出会う。その少女は、ブローニイ家に伝わる言い伝えを思い起こさせるのだった。数年後、その少女に生き写しの女の子が屋敷にやってくると、一家に異変が起こり始める……。

「曽祢まさこ短編集 ブローニイ家の悲劇」作品一覧

(7冊)

110〜165(税込)

まとめてカート

良家の子女を育成するための全寮制の寄宿学校・エセルベック女学院。その中に、生徒たちの輪から離れ、いつもひとりでたたずむ少女、オードリィがいた。オードリィが一人で暮らす特別室に招かれたエマは、彼女の態度に違和感を覚える。そんな中、奇怪な事件が起きる――。

幼なじみの顕彦(アキ)とわかなは、学校でも家でも公認の仲の良いカップル。しかし、わかなは顕彦との関係に不満を感じ、もっと仲を深めたいと思っていた。そんなわかなは、思い切った賭けに出る。わかながとった行動、そして二人の秘密とは……!

とある学校の教室。毎年多くの生徒が、その教室で騒がしく1年を騒がし、やがて旅立っていく。その繰り返しの中、ある年に、ひどいいじめ事件が起きた。ところが、それだけではおさまらず……。

「曽祢まさこ短編集 ブローニイ家の悲劇」の作品情報

レーベル
――
出版社
ゴマブックス
ジャンル
マンガ 男性向け 青年マンガ
ページ数
53ページ (曽祢まさこ短編集 ブローニイ家の悲劇 分冊 琥珀色の夜)
配信開始日
2018年3月17日 (曽祢まさこ短編集 ブローニイ家の悲劇 分冊 琥珀色の夜)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad