電子書籍 南洲残影 実用

著: 江藤淳 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

南洲残影 あらすじ・内容

日本人の心情を深く揺り動かして止まない
「西郷南洲」という思想

軍資金は薩軍七十万に対し官軍四千二百万円。兵力は終には四百対五万。
西郷隆盛はなぜ、滅亡が明らかな西南戦争に立ったのか? 何に対して戦おうとしたのか?
「城山」、「抜刀隊」、わらべ唄……。いまなお日本の近代に対峙する「西郷という思想」の意味が、嫋々たる歌の調べにのせて明らかにされる。
解説・上村希美雄

この作品を共有

「南洲残影」最新刊

日本人の心情を深く揺り動かして止まない
「西郷南洲」という思想

軍資金は薩軍七十万に対し官軍四千二百万円。兵力は終には四百対五万。
西郷隆盛はなぜ、滅亡が明らかな西南戦争に立ったのか? 何に対して戦おうとしたのか?
「城山」、「抜刀隊」、わらべ唄……。いまなお日本の近代に対峙する「西郷という思想」の意味が、嫋々たる歌の調べにのせて明らかにされる。
解説・上村希美雄

「南洲残影」の作品情報

レーベル
文春文庫
出版社
文藝春秋
ジャンル
実用 歴史
ページ数
216ページ (南洲残影)
配信開始日
2018年3月20日 (南洲残影)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad