電子書籍 小説 野村証券 文芸・小説

著者: 小堺昭三 

まずは、無料で試し読み

試し読み

60ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

小説 野村証券(上) 財閥が崩れる日 あらすじ・内容

巨大企業・野村証券の誕生秘話が、いま明かされる

世界最大の証券会社となった野村証券はまた情報の質量ともに、群をぬいた存在でもある。明治39年、日露戦争の勝利に沸く株式相場は、天井知らずの狂騰を続けた。そのさなか、小銭両替商の小倅二代目・野村徳七は、動物的なカンで売りに出るが、市場の続騰で地獄の底をみるはめになった。カンに頼ることの危険を骨の髄まで知った徳七は、勃興期の北浜を舞台に、情報の先取りを武器に巨財を築きあげた。日本の初期商業史を飾る多彩な群像をからめて、明治人の気骨と先見力の凄さを描く経済歴史小説の力作。

この作品を共有

「小説 野村証券」最新刊

野村証券の創業者二代目・野村徳七が登場した明治後期は、先行の三井、三菱などの巨大財閥が日本経済を支配していた。唯一残された新興の株式市場。徳七の先見力は投機の世界を実業の場へと変転する必要を痛感する。破格の待遇でブレーンを迎えた野村証券は、米騒動や昭和恐慌をくぐり抜けた。情報の収集と分析力の成果だった。先行する財閥の圧力をはねのけ、巨大な複合企業集団を作りあげた野村は、戦後の解体の苦難を受ける。が、創業の家訓・情報尊重の姿勢が、野村を世界最大の株式会社へ再生させた。

「小説 野村証券」作品一覧

(2冊)

各550(税込)

まとめてカート

世界最大の証券会社となった野村証券はまた情報の質量ともに、群をぬいた存在でもある。明治39年、日露戦争の勝利に沸く株式相場は、天井知らずの狂騰を続けた。そのさなか、小銭両替商の小倅二代目・野村徳七は、動物的なカンで売りに出るが、市場の続騰で地獄の底をみるはめになった。カンに頼ることの危険を骨の髄まで知った徳七は、勃興期の北浜を舞台に、情報の先取りを武器に巨財を築きあげた。日本の初期商業史を飾る多彩な群像をからめて、明治人の気骨と先見力の凄さを描く経済歴史小説の力作。

野村証券の創業者二代目・野村徳七が登場した明治後期は、先行の三井、三菱などの巨大財閥が日本経済を支配していた。唯一残された新興の株式市場。徳七の先見力は投機の世界を実業の場へと変転する必要を痛感する。破格の待遇でブレーンを迎えた野村証券は、米騒動や昭和恐慌をくぐり抜けた。情報の収集と分析力の成果だった。先行する財閥の圧力をはねのけ、巨大な複合企業集団を作りあげた野村は、戦後の解体の苦難を受ける。が、創業の家訓・情報尊重の姿勢が、野村を世界最大の株式会社へ再生させた。

「小説 野村証券」の作品情報

レーベル
角川文庫
出版社
KADOKAWA
ジャンル
文芸・小説 日本文学 経済小説
ページ数
331ページ (小説 野村証券(上) 財閥が崩れる日)
配信開始日
2014年4月25日 (小説 野村証券(上) 財閥が崩れる日)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad