電子書籍 昭和水滸伝 文芸・小説

著者: 藤原審爾 

まずは、無料で試し読み

試し読み

60ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

昭和水滸伝 (上) あらすじ・内容

〈義〉を信じ「梁山泊」石川道場に集う男達の物語

剣道の達人・石川義信の道場には、風変わりな弟子達がそろっていた。ドスを持ったら無敵のやくざ者、アッという間に10人を倒す空手遣い、20メートル先の雀の頭に小石を命中させる若者……。全員が義信の教える正義を守るために、男と技を磨いていた。だが、正義をつらぬくには、当然力による対立が起こってくる。そして、欲得づくの悪は、さまざまな謀略をめぐらし、石川道場をつぶさんと、つけ狙っていた……。日中開戦前夜を舞台に、正義と悪の激烈な闘いを描く痛快傑作長編。

この作品を共有

「昭和水滸伝」最新刊

正義をつらぬく男達が集まる石川道場の名は、全国にとどろくほどになった。それを見込んで、ある話が持ち込まれた。刑務所の囚人を使う大土木工事の指揮をとってくれというのだ。工事の安全な進行と、囚人の矯正指導の一石二鳥の効果を狙っての頼みだった。だが囚人の中には、道場に怨みを持つ奴もいる。しかも工事の利権をめぐって暗躍する新興やくざの一団もあった。この難関をどう切り抜けるか……。石川道場の男達の、命がけの活躍が開始された。

「昭和水滸伝」作品一覧

(3冊)

638〜770(税込)

まとめてカート

剣道の達人・石川義信の道場には、風変わりな弟子達がそろっていた。ドスを持ったら無敵のやくざ者、アッという間に10人を倒す空手遣い、20メートル先の雀の頭に小石を命中させる若者……。全員が義信の教える正義を守るために、男と技を磨いていた。だが、正義をつらぬくには、当然力による対立が起こってくる。そして、欲得づくの悪は、さまざまな謀略をめぐらし、石川道場をつぶさんと、つけ狙っていた……。日中開戦前夜を舞台に、正義と悪の激烈な闘いを描く痛快傑作長編。

見さかいなく奪い、人を殺す革命とはいったい何なのか。推理界の巨匠がいどんだ迫真のノンフィクション・ノベル! 昭和46年11月25日――彼らはまさに地獄を創りはじめた。警察の厳しい追及を逃がれた連合赤軍が榛名山中に設けた最後の基地“榛名ベース”がそれだ。狂気に支配されたリーダー永田洋子は、「殺せ、敵を殺せ!」と血を求めてやまぬ一匹の悪鬼と化し、同志をまで虐殺していった。そして、彼らは日本中を恐怖の坩堝に叩き込んだ、あの“あさま山荘の銃撃戦”へと、破滅の道を一気に駆けおりていった。

正義をつらぬく男達が集まる石川道場の名は、全国にとどろくほどになった。それを見込んで、ある話が持ち込まれた。刑務所の囚人を使う大土木工事の指揮をとってくれというのだ。工事の安全な進行と、囚人の矯正指導の一石二鳥の効果を狙っての頼みだった。だが囚人の中には、道場に怨みを持つ奴もいる。しかも工事の利権をめぐって暗躍する新興やくざの一団もあった。この難関をどう切り抜けるか……。石川道場の男達の、命がけの活躍が開始された。

「昭和水滸伝」の作品情報

レーベル
角川文庫
出版社
KADOKAWA
ジャンル
文芸・小説 日本文学
ページ数
496ページ (昭和水滸伝 (上))
配信開始日
2014年4月25日 (昭和水滸伝 (上))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad