電子書籍 日本一のプロ秘書はなぜ「この気遣い」を大事にするのか? ―プロフェッショナルセクレタリー 実用

著: 中村由美 

まずは、無料で試し読み

試し読み

14ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

日本一のプロ秘書はなぜ「この気遣い」を大事にするのか? ―プロフェッショナルセクレタリー あらすじ・内容

全ビジネスパーソン必読!
上場企業役員秘書歴20年、日本一のプロ秘書の「仕事のオキテ」62!


「言われる前に動く」「細かく言わなくても伝わる」
「どんなタイプの上司にも合わせられる」……、
秘書に求められる“気遣い”は、秘書だけのものにあらず。
ビジネスパーソンが身につければ、鬼に金棒の仕事術に!

カレーハウスCoCo壱番屋の創業者をはじめ3代の社長に仕え、トップの側で上場を経験。
中小企業と上場企業、両方の秘書実務を知り尽くし、
日本秘書協会選出の「ベストセクレタリー」(=日本一の秘書)を受賞した
著者が伝える目からウロコの仕事術。
「日本一のプロ秘書 チェックリスト」付き。


【目次より抜粋】
■chapter1:お客様対応のオキテ
・プロ秘書は電話番号の「下四桁」を覚えている
・プロ秘書は「自分以外の人はお客様」と思う
・プロ秘書は「声色」を使い分ける

■chapter2:上司に仕えるオキテ
・プロ秘書は「ゴミ箱」で上司の優先順位を知る
・プロ秘書は「ネガティブなサイン」を見つけることができる
・プロ秘書は「必ずやりとげる方法」を見出す

■chapter3:守秘義務と危機対応のオキテ
・プロ秘書は「お客様のクレーム」にこう答える
・プロ秘書は「つけこまれるスキ」をつくらない
・プロ秘書は上司が出張先で倒れても動じない

■chapter4:華麗なる仕事のオキテ
・プロ秘書は「6W3H」で仕事を効率化する
・プロ秘書は「アポを入れてはいけない」間合いを知っている
・プロ秘書は「ゴルフ会」のお礼状をこう書く

■chapter5:評価が上がる会話のオキテ
・プロ秘書は「断る」ときほど礼を尽くす
・プロ秘書は「復唱」で予防線を張る
・プロ秘書は「オープン&クローズド」質問を使い分ける

■chapter6:癒やしをもたらす立ち居振る舞いのオキテ
・プロ秘書は浅くてもキレイな「お辞儀」をする
・プロ秘書は自分の個性を消せる
・プロ秘書は社風に合った「ワードローブ」を作る

■chapter7:明日を担う新人教育のオキテ
・プロ秘書は新人に「あなたが秘書になった理由」を教える
・プロ秘書は入社一年目の新人にまずこれを叩きこむ
・プロ秘書は新人がつまずくポイントを知っている ……

この作品を共有

「日本一のプロ秘書はなぜ「この気遣い」を大事にするのか? ―プロフェッショナルセクレタリー」最新刊

全ビジネスパーソン必読!
上場企業役員秘書歴20年、日本一のプロ秘書の「仕事のオキテ」62!


「言われる前に動く」「細かく言わなくても伝わる」
「どんなタイプの上司にも合わせられる」……、
秘書に求められる“気遣い”は、秘書だけのものにあらず。
ビジネスパーソンが身につければ、鬼に金棒の仕事術に!

カレーハウスCoCo壱番屋の創業者をはじめ3代の社長に仕え、トップの側で上場を経験。
中小企業と上場企業、両方の秘書実務を知り尽くし、
日本秘書協会選出の「ベストセクレタリー」(=日本一の秘書)を受賞した
著者が伝える目からウロコの仕事術。
「日本一のプロ秘書 チェックリスト」付き。


【目次より抜粋】
■chapter1:お客様対応のオキテ
・プロ秘書は電話番号の「下四桁」を覚えている
・プロ秘書は「自分以外の人はお客様」と思う
・プロ秘書は「声色」を使い分ける

■chapter2:上司に仕えるオキテ
・プロ秘書は「ゴミ箱」で上司の優先順位を知る
・プロ秘書は「ネガティブなサイン」を見つけることができる
・プロ秘書は「必ずやりとげる方法」を見出す

■chapter3:守秘義務と危機対応のオキテ
・プロ秘書は「お客様のクレーム」にこう答える
・プロ秘書は「つけこまれるスキ」をつくらない
・プロ秘書は上司が出張先で倒れても動じない

■chapter4:華麗なる仕事のオキテ
・プロ秘書は「6W3H」で仕事を効率化する
・プロ秘書は「アポを入れてはいけない」間合いを知っている
・プロ秘書は「ゴルフ会」のお礼状をこう書く

■chapter5:評価が上がる会話のオキテ
・プロ秘書は「断る」ときほど礼を尽くす
・プロ秘書は「復唱」で予防線を張る
・プロ秘書は「オープン&クローズド」質問を使い分ける

■chapter6:癒やしをもたらす立ち居振る舞いのオキテ
・プロ秘書は浅くてもキレイな「お辞儀」をする
・プロ秘書は自分の個性を消せる
・プロ秘書は社風に合った「ワードローブ」を作る

■chapter7:明日を担う新人教育のオキテ
・プロ秘書は新人に「あなたが秘書になった理由」を教える
・プロ秘書は入社一年目の新人にまずこれを叩きこむ
・プロ秘書は新人がつまずくポイントを知っている ……

「日本一のプロ秘書はなぜ「この気遣い」を大事にするのか? ―プロフェッショナルセクレタリー」の作品情報

レーベル
――
出版社
プレジデント社
ジャンル
実用 ビジネス 自己啓発・生き方
ページ数
207ページ (日本一のプロ秘書はなぜ「この気遣い」を大事にするのか? ―プロフェッショナルセクレタリー)
配信開始日
2014年12月18日 (日本一のプロ秘書はなぜ「この気遣い」を大事にするのか? ―プロフェッショナルセクレタリー)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad