電子書籍 天然記念物の動物たち 文芸・小説

著者: 畑正憲 

まずは、無料で試し読み

試し読み

48ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

天然記念物の動物たち 梟の森 あらすじ・内容

ムツゴロウのふれあい動物記 シマフクロウなど4編

日本最大の梟、シマフクロウ。その体高は1メートル以上、翼を広げて獲物を狙う姿は恐ろしいほどの迫力に満ちている。近年数が激減したこの幻の梟をひと目見ようと、北海道の原野を歩き、森にわけ入る。失われゆく大自然の中で巡り合ったシマフクロウは誇りを失わずに生きていた。 表題作のほかに、「白鳥の里」(新潟県水原町)「羚羊の丘」(長野県大町市)「丹頂の野」(北海道釧路)を収録。行く、見る、さわる、遊ぶ――ムツゴロウのふれあい動物記。

この作品を共有

「天然記念物の動物たち」最新刊

ぬらりと黒く、愛敬のある風貌。オオサンショウウオは澄んだ谷川に暮らす日本最大の両生類だ。まだその生態に多くの謎を残すこの奇怪な山の住人を、果たして絶滅から救えるだろうか。今日も広島・安佐動物園研究チームの悪戦苦闘は続く。表題作のほか、「土佐の犬」(四国)「タナゴの川」(大阪府淀川)など全7編を収録。行く、見る、さわる、遊ぶ――ムツゴロウのふれあい動物記。

「天然記念物の動物たち」作品一覧

(9冊)

462〜550(税込)

まとめてカート

日本最大の梟、シマフクロウ。その体高は1メートル以上、翼を広げて獲物を狙う姿は恐ろしいほどの迫力に満ちている。近年数が激減したこの幻の梟をひと目見ようと、北海道の原野を歩き、森にわけ入る。失われゆく大自然の中で巡り合ったシマフクロウは誇りを失わずに生きていた。 表題作のほかに、「白鳥の里」(新潟県水原町)「羚羊の丘」(長野県大町市)「丹頂の野」(北海道釧路)を収録。行く、見る、さわる、遊ぶ――ムツゴロウのふれあい動物記。

青い海が眼下にひろがる険しい岬で自然放牧されている御崎馬。体高は、1メートルほどしかないが、しっかりとした脚をもつ日本特産馬の血統を色濃く受け継いだ野生馬である。早速、馬たちとの出会いに胸おどらせながら、宮崎県都井岬へと向かう。だが、観光業者の進出が、馬の楽園を脅かし始めていた……。表題作のほか、「鈍足の島」(山口県の見島牛)「鶏の町」(高知県の長尾鶏)「海燕の島」(北海道厚岸大黒(あっけしだいこく)島)を収録。行く、見る、さわる、遊ぶ――ムツゴロウのふれあい動物記。

日本最大の猛禽類、オジロワシ。両翼2メートル以上にも及ぶ堂堂とした姿は、生態系の頂点に君臨するにふさわしい。そのために1つの巣で生まれた2羽の雛は、共喰いさえするのだ。厳しい生存競争のなかで生きるオジロワシの成長と意外な側面を克明にとらえる。表題作のほか、「鶴の田」(鹿児島県出水市)「瀬戸の狸」(山口県大島)「猿の山」(大分県高崎山)など全7編を収録。行く、見る、さわる、遊ぶ――ムツゴロウのふれあい動物記。

「天然記念物の動物たち」の作品情報

レーベル
角川文庫
出版社
KADOKAWA
ジャンル
文芸・小説 日本文学 エッセイ
ページ数
243ページ (天然記念物の動物たち 梟の森)
配信開始日
2014年4月25日 (天然記念物の動物たち 梟の森)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad