電子書籍 ウッド・ノート(エンペラーズコミックス) マンガ

完結
著: 小山田いく 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

ウッド・ノート【第1巻】 あらすじ・内容

私立水瀬高等学校に転校してきた唐須一二三(からすひふみ)は、野外活動中のバード・ウォッチング部と出会う。
そこで副部長の大潟新人(おおがたあらと)が写真に夢中になり、森の中にゴミを捨てていたのを見つけ、「鳥の住家(すみか)を汚すようじゃ、ド素人と同じ」と指摘する。
バード・ウォッチング歴半年の唐須にド素人呼ばわりされた大潟は、カメラ・ハンティング(一定時間でどちらが多くの種類の鳥を写せるか)の勝負を挑むが……。

『すくらっぷ・ブック』『ぶるうピーター』に続く小山田いく青春三部作第3弾!!

小山田いく先生の当時の単行本コメント
『ずいぶん小さな頃、ヤブの中でオナガの巣を見つけたことがあります。
巣の中には、まだ羽も生えそろっていないヒナが4羽。
ヒナに人間のにおいがつくと、親鳥はもう育てない…と聞かされていたので、一度だけヒナの頭にふれて、逃げるように帰りました。
でもそのヒナの頭の温かさが未だに忘れられず、「ウッド・ノート」をはじめました。さてこの話、どうなりますことか。』

この作品を共有
  

「ウッド・ノート(エンペラーズコミックス)」最新刊

渡り鳥の行く先を知りたい― ホームグラウンドに来るサンコウチョウの行き先を突き止めるため、そのサンコウチョウの特徴を手紙にしたため世界の文通希望者に出していた拓也。
その努力が実る日が来た…!
クリスマスを迎え、ウッド・ノートのメンバーはパーティーの準備中だ。
特に唐須は浮かれている様子。
なぜなら彼が尊敬する動物カメラマンの和木貴彦が一年ぶりにウッド・ノートに立ち寄るからだ。
パーティーの準備が終わる頃、ついに和木が現れた。それも新聞記者と一緒に!
新聞記者に不思議がる唐須たちに和木は一枚の写真を見せた。
和木が中国、広東省で撮ったというその写真には何と拓也が追っていた、サンコウチョウそのものだったのだ!
手を取り合い喜ぶウッド・ノートのメンバーたち。
それは高校の同好会に起きた一つの奇跡だった。
明けて翌日、いつもと変わらずホームグラウンドに出かけるメンバーだが、まりもだけ寝坊してしまい和木の車でホームグラウンドまで送ってもらうことに。
その中で和木が口にした言葉は・・・?!
その他、ホームグラウンドに現れた密漁者にウッド・ノートのメンバーが立ち向かう「光の弾丸」。
ウッド、ノートのメンバーがそれぞれ未来に向かって歩き出す「そして2年後」など。
『すくらっぷ・ブック』『ぶるうピーター』に続く小山田いく青春三部作第3弾の最終巻!!
ウッド・ノート特別読み切り(第0話)も掲載!

小山田いく先生の当時の単行本コメント
『強い鳥、弱い鳥、きれいな鳥…大きな鳥、小さな鳥、いろんな鳥がいます。すごい速度で飛べる鳥、泳ぎがうまい鳥、木の実をじょうずに割る鳥、猟が得意な鳥、本当にさまざまな鳥を見てきました。
今、振り返って、このステキな生き物たちの、ほんのわずかのエピソードしか描けなかったのが残念です。しかしつきあっていくことは一生できそうだ…と思っています。』

「ウッド・ノート(エンペラーズコミックス)」作品一覧

(8冊)

各400円 (+税)

まとめてカート

私立水瀬高等学校に転校してきた唐須一二三(からすひふみ)は、野外活動中のバード・ウォッチング部と出会う。
そこで副部長の大潟新人(おおがたあらと)が写真に夢中になり、森の中にゴミを捨てていたのを見つけ、「鳥の住家(すみか)を汚すようじゃ、ド素人と同じ」と指摘する。
バード・ウォッチング歴半年の唐須にド素人呼ばわりされた大潟は、カメラ・ハンティング(一定時間でどちらが多くの種類の鳥を写せるか)の勝負を挑むが……。

『すくらっぷ・ブック』『ぶるうピーター』に続く小山田いく青春三部作第3弾!!

小山田いく先生の当時の単行本コメント
『ずいぶん小さな頃、ヤブの中でオナガの巣を見つけたことがあります。
巣の中には、まだ羽も生えそろっていないヒナが4羽。
ヒナに人間のにおいがつくと、親鳥はもう育てない…と聞かされていたので、一度だけヒナの頭にふれて、逃げるように帰りました。
でもそのヒナの頭の温かさが未だに忘れられず、「ウッド・ノート」をはじめました。さてこの話、どうなりますことか。』

私立水瀬高等学校に転校してきた唐須一二三(からすひふみ)はバード・ウォッチング部に入部する。
カメラ・ハンティング(一定時間でどちらが多くの種類の鳥を写せるか)で副部長の大潟新人と勝負し勝利した唐須は「バードウォッチング」部を『ウッド・ノート』と命名した。真っすぐに鳥を愛し、行動する唐須に部員たちは次第に惹かれてゆくが、プライドの高い大潟新人とのミゾはなかなか埋まらず……?!
『すくらっぷ・ブック』『ぶるうピーター』に続く小山田いく青春三部作第3弾!!

小山田いく先生の当時の単行本コメント
『家の玄関先の柊の木に、冬になるまでずっと、一匹のアマガエルがすんでいました。
ところがわが家には、カラスやオナガなど、カエルを食べる鳥がたくさん来るので、ずっとハラハラしどおしでした。
鳥も好きだし、わが家の主のような顔したカエルもかわいいし…。
そろそろ冬眠中のカエルも、目を覚ますころ。
今年はどうやって、カエルを守ってやろうか…。今から頭が痛い毎日です。』

私立水瀬高等学校に転入し、そのバードウォッチング部を「ウッド・ノート」と名付けた唐須一二三。
部の一体感は日増しに高ってゆき、部員たちは共に鳥たちの姿を追い、美しさに惹かれ、時に寄り添い、その厳しい環境で寄り添い生きてゆく姿に涙する、という充実した日々を過ごしていた。
唐須一二三と恋人、穂刈田ひわの絆も深まってゆくが、部長の大潟新人の幼馴染であり、ウッドノートの部員でもある小椋ゆずりは突っ走る唐須について行こうとする「ひわ」がいつか壊れてしまうのではないかと懸念していた。
そんな中、自分のかつて在籍していた小雀高校バードウォッチング部の制作したビデオに刺激を受けた唐須はひわを連れて冬の海にウミウを撮影しにゆき、これを知ったゆずりも後を追う。
一人でウミウを撮影しに崖下に降りた唐須を追って自らもを崖下に降り、これ以上無茶をしないようにと唐須を諫めるゆずり。
だが使っていたロープが切れてしまい、唐須とゆずりは崖下から動けなくなってしまう。
強風と荒波にさらされ絶体絶命の二人。
ゆずりを救うため唐須が下した決断は……!?
『すくらっぷ・ブック』『ぶるうピーター』に続く小山田いく青春三部作第3弾!!

小山田いく先生の当時の単行本コメント
『昔はたくさん、昆虫や馬、魚といった動物のプラモがあったのに、最近はメカ物ばかりで、とんとその姿を見せなくなりました。
鳥のプラモがあったら、羽毛の質感をあらわすのにいくら苦労しても、たくさん作るんだがな~…などとボヤきながら、紙ネンドの原型の上に、色づけした綿をはっては、オリジナルの野鳥模型を作っています。』

「ウッド・ノート(エンペラーズコミックス)」の作品情報

レーベル
エンペラーズコミックス
出版社
大洋図書
ジャンル
マンガ 男性向け 少年マンガ 学習 教養 教育 完結
ページ数
208ページ (ウッド・ノート【第1巻】)
配信開始日
2018年3月23日 (ウッド・ノート【第1巻】)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad