電子書籍 マリオネット師(エンペラーズコミックス) マンガ

完結
著: 小山田いく 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

マリオネット師【第1巻】 あらすじ・内容

九頭見灯(くずみともし)は、家庭を顧みない両親、退屈な学校生活に嫌気が差し、スリに身を落としている。
ある日、灯は悪名高い政治家からスリを働く。彼の師匠・政二郎は危険を感じ、灯のスった財布を戻そうとするが、財布と一緒にスった手帳が原因でその政治家の秘書に殺害されてしまう。
灯は参考人として警察に呼ばれるが、河鹿川署の諸戸刑事は彼の境遇を知り、人形劇団「泡雲」に彼を紹介する。
以来、灯はマリオネットを相棒としたスリとなる。

マリオネットをつれた天才スリ師『九頭竜(くずりゅう)』が財布の中からドラマを盗む!
「すくらっぷ・ブック」で温かな青春像を描いた小山田いくが一転社会的テーマを絡めた人生劇の描き手として作品を通じ鋭い問題提起を行う、社会派少年漫画第1巻!

小山田いく先生の当時の単行本コメント
『10年ほど前、当時の国電の車内で、一度財布をすられたことがあります。
幸い被害は二千円ですみましたが、いつすられたのか全くわからなかったのには、感心しました。
そしてそれからです。
東京に行く時は、胸ポケットにはダミーの財布を入れるようになったのは。
中にはスリが頭ふっとぶほどの悪口を書いた紙が入っているのですが…以来一度もすられないのです。おもしろくないな…。』

この作品を共有
  

「マリオネット師(エンペラーズコミックス)」最新刊

淀みなく流れる街の“時間”にはさまざまな秘密が浮き…また沈む。
その秘密を抜いて行くスリがいた。
九頭竜と呼ばれる人形使い。前科0犯。
1年待ってほしい。1年たったらルウや好子さんとくらべて…そうみのりに言われ、自らもスリから足を洗うことを決意した灯はスリの神様と呼ばれる三ツ池伝造の口利きでシマを他に譲り、スリの世界を離れる。
しかし安堵もつかの間、灯の周りに新たな事件が起こるのだった。
灯たち人形劇団V(ファイブ)を常にサポートし励ましてきた斗賀刑事が姿を消したのだ。
灯は消息を探ろうとするが、彼は既にスリの世界から身を引いたため、その情報網は使えない。
人形劇団Vの好子は灯が元の世界に戻らないように気遣い、自ら風のルウに情報提供を頼みに行くが、今度はその好子の行方がわからなくなる。
意を決し、もう一度“九頭竜”に戻って事件を追う灯。
だが、その灯の前に姿を現したのは思いがけない人物だった!

その他、ルウと共に仕事をしていて瀕死の重傷を負った灯、その灯をめぐってのルウ、みのり、好子、それぞれの想いを描く「ひとつの愛し方として」、かつて忽然と姿を消したみのりの幼馴染をめぐる事件にみのりが一人で挑む「だるまさんがころんだ」など。
「すくらっぷ・ブック」で温かな青春像を描いた小山田いくが一転、社会的テーマを絡めた人生劇の描き手として作品を通じ鋭い問題提起を行う、社会派少年漫画第最終巻!

小山田先生の当時の単行本コメント
『なぜ、この作品を描こうと思ったのか…、二年半描き続けて完結した今、ふり返ってみても、どうしてもそれが思い出せないでいます。たぶん、先へ先へ描くことで、毎日精一杯だったのでしょう。実際、今までで一番苦労の多い作品でした。けれど、その分、一番得たものも多い作品でした。何はともあれ、この作品が、僕は好きでした。』

「マリオネット師(エンペラーズコミックス)」作品一覧

(11冊)

各400円 (+税)

まとめてカート

九頭見灯(くずみともし)は、家庭を顧みない両親、退屈な学校生活に嫌気が差し、スリに身を落としている。
ある日、灯は悪名高い政治家からスリを働く。彼の師匠・政二郎は危険を感じ、灯のスった財布を戻そうとするが、財布と一緒にスった手帳が原因でその政治家の秘書に殺害されてしまう。
灯は参考人として警察に呼ばれるが、河鹿川署の諸戸刑事は彼の境遇を知り、人形劇団「泡雲」に彼を紹介する。
以来、灯はマリオネットを相棒としたスリとなる。

マリオネットをつれた天才スリ師『九頭竜(くずりゅう)』が財布の中からドラマを盗む!
「すくらっぷ・ブック」で温かな青春像を描いた小山田いくが一転社会的テーマを絡めた人生劇の描き手として作品を通じ鋭い問題提起を行う、社会派少年漫画第1巻!

小山田いく先生の当時の単行本コメント
『10年ほど前、当時の国電の車内で、一度財布をすられたことがあります。
幸い被害は二千円ですみましたが、いつすられたのか全くわからなかったのには、感心しました。
そしてそれからです。
東京に行く時は、胸ポケットにはダミーの財布を入れるようになったのは。
中にはスリが頭ふっとぶほどの悪口を書いた紙が入っているのですが…以来一度もすられないのです。おもしろくないな…。』

九頭見灯(くずみともし)16歳…マリオネットを操るスリである。
人が財布にしのばせた喜びや悲しみ、恨みや秘密をスリながらも、いまだ前科0犯。
彼の境遇を知った諸戸刑事から人形劇団「泡雲」を紹介された灯は、彼に人形劇を勧めるメンバー達に反発しながらもその優しさに次第に心を開いてゆき、やがて灯と劇団「泡雲」を率いる桜辺一彦と妹の好子、そして「泡雲」のメンバー達は互いに協力し、力を合わせて共に困難に立ち向かってゆくようになり……。

マリオネットをつれた天才スリ師『九頭竜(くずりゅう)』が財布の中からドラマを盗み大活躍!
「すくらっぷ・ブック」で温かな青春像を描いた小山田いくが一転社会的テーマを絡めた人生劇の描き手として作品を通じ鋭い問題提起を行う、社会派少年漫画第2巻!

小山田いく先生の当時の単行本コメント
『毎年11月になると、我が家のブロック塀の南側に、北にある道路をへだてた畑から、青虫(モンシロチョウの幼虫)が大勢やってきてサナギになります。
考えてみるとずいぶん不思議なんです。
連中はなぜ、10メートルほどもはなれた所に暖かい場所があることがわかるんでしょう?
しかも道路をこえて数十匹で来るのです…。何か未知の能力を持っているようで…こわいよォ!!』

人は財布に現金を入れる…人は財布に心を隠す…その財布に詰まった物語を抜いて食べてゆく男がいる…マリオネットを連れたスリ、九頭見 灯、前科0犯。
スリとしての生活を続けながらも劇団「泡雲」のメンバーと共に人形劇を演じるようになった灯だが、自殺しようとしたところを灯が救った女子高生、生方みのりには少々振り回され気味の毎日。
殉職した諸戸刑事の後輩である斗賀刑事と灯の姉、蛍はそんな皆を優しく見守る。
ある日、劇団泡雲の前に現れた一人の男…彼はかつて「マリオネットの神様」と呼ばれた人形使い、相馬一同だった。
実は彼は家出をして東京に出て行った息子の俊六を探しに来ていたのだ。
俊六が裏の世界に入ろうとしている事を知った灯はそれを止めるため俊六と相まみえる事となってしまったのであった…!!
その他、泡雲メンバーが雪の中での殺人事件に遭遇する「純白の舞台」など。
「すくらっぷ・ブック」で温かな青春像を描いた小山田いくが一転、社会的テーマを絡めた人生劇の描き手として作品を通じ鋭い問題提起を行う、社会派少年漫画第3巻!

小山田いく先生の当時の単行本コメント
『僕は、バイクの免許も自動車の免許も持っていません。
なぜか、危険物取扱者の免許があるだけです。
もともと歩くのが好きですし、健康のためには、このままの方がいいと思うのですが、〆切間際に原稿を、三キロ走って郵便局に届ける時だけは、自動車の偉大さが身にしみるのです。』

「マリオネット師(エンペラーズコミックス)」の作品情報

レーベル
エンペラーズコミックス
出版社
大洋図書
ジャンル
マンガ 男性向け 少年マンガ バトル・格闘・アクション 完結
ページ数
197ページ (マリオネット師【第1巻】)
配信開始日
2018年3月23日 (マリオネット師【第1巻】)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad