電子書籍 ぼくときみの半径にだけ届く魔法 文芸

著: 七月隆文 
みんなの★
★ ★ ★ ★ ★

まずは、無料で試し読み

試し読み

17ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

ぼくときみの半径にだけ届く魔法 あらすじ・内容

若きカメラマンと難病の少女の、運命の出会い。
外に出れないきみのために、
ぼくが美しい景色を撮ってくる。
『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の七月隆文が贈る、心震えるラブストーリー。

売れない若手カメラマンの仁はある日、窓辺に立つ美しい少女を偶然撮影する。
少女の名は陽。難病で家から出られない彼女は、部屋の壁に風景の写真を映して眺める日々を送っていた。「外の写真を撮ってきて頂けませんか?」陽の依頼を受け、仁は様々な景色を撮って届けることになる。それは運命の出会い。ふたりの人生が奇跡のように変わり始める瞬間だった──。光で描く、心震えるラブストーリー。

この作品を共有

「ぼくときみの半径にだけ届く魔法」最新刊

若きカメラマンと難病の少女の、運命の出会い。
外に出れないきみのために、
ぼくが美しい景色を撮ってくる。
『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の七月隆文が贈る、心震えるラブストーリー。

売れない若手カメラマンの仁はある日、窓辺に立つ美しい少女を偶然撮影する。
少女の名は陽。難病で家から出られない彼女は、部屋の壁に風景の写真を映して眺める日々を送っていた。「外の写真を撮ってきて頂けませんか?」陽の依頼を受け、仁は様々な景色を撮って届けることになる。それは運命の出会い。ふたりの人生が奇跡のように変わり始める瞬間だった──。光で描く、心震えるラブストーリー。

「ぼくときみの半径にだけ届く魔法」の作品情報

レーベル
幻冬舎単行本
出版社
幻冬舎
ジャンル
文芸 恋愛
ページ数
342ページ (ぼくときみの半径にだけ届く魔法)
配信開始日
2018年4月4日 (ぼくときみの半径にだけ届く魔法)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad