電子書籍 富島健夫 自選青春小説 文芸・小説

著者: 富島健夫 

まずは、無料で試し読み

試し読み

25ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

純子の実験 自選青春小説1 あらすじ・内容

十八歳の高校生純子は、夏休みのある日、秘密の目的を胸に上京した。新進作家永井の家の玄関に立ち、祈るような気持ちでベルを押す。作品を通して永井にひかれた純子は永井と一夜を過ごすことにより、大人の女になろうと決心しているのだった。風変わりな少女と若い作家との二泊三日の生活の中から、二人の間柄は思いがけない方向へ……。大胆に常識に挑戦してかち得た、さわやかな恋を描く。

この作品を共有

「富島健夫 自選青春小説」最新刊

高校時代はおとなでも子どもでもない宙ぶらりん、悩み多き世代。三年三組の面々にも、異性へのビミョーな問題がもり沢山だ。独占欲への嫌悪感ゆえに恋人と別れる潮(うしお)公平。人間の醜悪面を偽悪的に言いつのる飯塚。しのぶとの愛にとまどう石川。好漢の西郷さえコンプレックスの持ち主だ。熱き季節・高校時代を120パーセントに生きる青年男女を愛を込めた渾身の筆で描く。

「富島健夫 自選青春小説」作品一覧

(10冊)

385〜550(税込)

まとめてカート

十八歳の高校生純子は、夏休みのある日、秘密の目的を胸に上京した。新進作家永井の家の玄関に立ち、祈るような気持ちでベルを押す。作品を通して永井にひかれた純子は永井と一夜を過ごすことにより、大人の女になろうと決心しているのだった。風変わりな少女と若い作家との二泊三日の生活の中から、二人の間柄は思いがけない方向へ……。大胆に常識に挑戦してかち得た、さわやかな恋を描く。

高校に入ったらゼッタイ、トビキリの彼女を見つけるんだ……沖一丸をはじめ少年たちはみなそう思っている。そんな入学式の日、校庭の木陰にたたずむ和泉静の姿を見て、彼は確信した。相手はこの子だ、と。噂と誤解の障害を乗り越え、一丸と静の交際がようやくスタート、「初恋」を意識する。思春期の期待と不安とためらいが交錯する青春小説の傑作。

京太と芙佐子。二人は、中学では天真爛漫な友人同士だったのに、高校に入ったとたんに、ちぐはぐな間になってしまう。好きだからつっけんどんな振る舞いをする京太。それを見て反目する芙佐子。しかしそれは性を意識した少年少女が陥る思春期の罠なのだ。やがて京太は、ある事件をきっかけに、芙佐子への本当の気持ちに気づく。思春期の男女の心のヒダを描いた富島文学の傑作。

「富島健夫 自選青春小説」の作品情報

レーベル
集英社文庫
出版社
集英社
ジャンル
文芸・小説 恋愛
ページ数
214ページ (純子の実験 自選青春小説1)
配信開始日
2014年5月2日 (純子の実験 自選青春小説1)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad