電子書籍 ある市井の徒 越しかたは悲しくもの記録(中公文庫) 文芸・小説

著: 長谷川伸 

まずは、無料で試し読み

試し読み

18ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

ある市井の徒 越しかたは悲しくもの記録 あらすじ・内容

大衆文学に多くの傑作を生んだ著者が、逆境にありながらも独学を重ね、東京で新聞記者となるまでの半生を淡々と語った自伝随筆。〈解説〉伊東昌輝

この作品を共有

「ある市井の徒 越しかたは悲しくもの記録(中公文庫)」最新刊

大衆文学に多くの傑作を生んだ著者が、逆境にありながらも独学を重ね、東京で新聞記者となるまでの半生を淡々と語った自伝随筆。〈解説〉伊東昌輝

「ある市井の徒 越しかたは悲しくもの記録(中公文庫)」の作品情報

レーベル
中公文庫
出版社
中央公論新社
ジャンル
文芸・小説 日本文学 エッセイ
ページ数
281ページ (ある市井の徒 越しかたは悲しくもの記録)
配信開始日
2013年8月8日 (ある市井の徒 越しかたは悲しくもの記録)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad