電子書籍 ぼくもいくさに征くのだけれど 竹内浩三の詩と死(中公文庫) 実用

著: 稲泉連 

まずは、無料で試し読み

試し読み

30ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

ぼくもいくさに征くのだけれど 竹内浩三の詩と死 あらすじ・内容

僕だって、戦争へ行けば忠義をつくすだろう。僕の心臓は強くないし、神経も細い方だから――映画監督を夢見つつ二十三歳で戦死した竹内浩三が残した詩は、戦後に蘇り、人々の胸を打つ。二十五歳の著者が、戦場で死ぬことの意味を見つめ、みずみずしく描いた記録。第36回大宅壮一ノンフィクション賞受賞作。

この作品を共有

「ぼくもいくさに征くのだけれど 竹内浩三の詩と死(中公文庫)」最新刊

僕だって、戦争へ行けば忠義をつくすだろう。僕の心臓は強くないし、神経も細い方だから――映画監督を夢見つつ二十三歳で戦死した竹内浩三が残した詩は、戦後に蘇り、人々の胸を打つ。二十五歳の著者が、戦場で死ぬことの意味を見つめ、みずみずしく描いた記録。第36回大宅壮一ノンフィクション賞受賞作。

「ぼくもいくさに征くのだけれど 竹内浩三の詩と死(中公文庫)」の作品情報

レーベル
中公文庫
出版社
中央公論新社
ジャンル
実用 日本文学 戦争 ノンフィクション 詩集
ページ数
329ページ (ぼくもいくさに征くのだけれど 竹内浩三の詩と死)
配信開始日
2013年8月8日 (ぼくもいくさに征くのだけれど 竹内浩三の詩と死)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad