電子書籍 絶後の記録 広島原子爆弾の手記(中公文庫BIBLIO) 実用

著: 小倉豊文 

まずは、無料で試し読み

試し読み

17ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

絶後の記録 広島原子爆弾の手記 あらすじ・内容

「空中火山」の大噴煙。殺人光線。轟音と爆風。閃光と熱波。そして奇跡──昭和二十年八月六日の広島原子爆弾投下に遭遇し、生き残った人文学者が「亡き妻への手紙」として綴った、戦後最初に公刊された体験記。

この作品を共有

「絶後の記録 広島原子爆弾の手記(中公文庫BIBLIO)」最新刊

「空中火山」の大噴煙。殺人光線。轟音と爆風。閃光と熱波。そして奇跡──昭和二十年八月六日の広島原子爆弾投下に遭遇し、生き残った人文学者が「亡き妻への手紙」として綴った、戦後最初に公刊された体験記。

「絶後の記録 広島原子爆弾の手記(中公文庫BIBLIO)」の作品情報

レーベル
中公文庫BIBLIO
出版社
中央公論新社
ジャンル
実用 日本文学 海外文学 歴史 ノンフィクション
ページ数
242ページ (絶後の記録 広島原子爆弾の手記)
配信開始日
2013年8月8日 (絶後の記録 広島原子爆弾の手記)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad