電子書籍 青山二郎の話(中公文庫) 実用

著: 宇野千代 

まずは、無料で試し読み

試し読み

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

青山二郎の話 あらすじ・内容

陶器に対する独自の審美眼と特異な美意識で昭和文壇に影響を与えつづけた青山二郎。その半ば伝説的な生涯を丹念にたどり,不思議な人間的魅力を余すところなく伝える労作。〈解説〉林 秀雄

この作品を共有

「青山二郎の話(中公文庫)」最新刊

陶器に対する独自の審美眼と特異な美意識で昭和文壇に影響を与えつづけた青山二郎。その半ば伝説的な生涯を丹念にたどり,不思議な人間的魅力を余すところなく伝える労作。〈解説〉林 秀雄

「青山二郎の話(中公文庫)」の作品情報

レーベル
中公文庫
出版社
中央公論新社
ジャンル
実用 日本文学 芸術
ページ数
123ページ (青山二郎の話)
配信開始日
2013年8月8日 (青山二郎の話)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad