電子書籍 ワイド版世界の大思想 第2期 実用

著: アウグスチヌス  著: ルター  他

まずは、無料で試し読み

試し読み

58ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

ワイド版世界の大思想 第2期〈1〉アウグスチヌス/ルター あらすじ・内容

初代キリスト教会最大の教父アウグスチヌスの「告白」は、ルソーの「告白録」トルストイの「わが懺悔」とならんで、世界の三大告白の一をなす。最後の三巻をも含めて完訳した。ルターのこの代表作は宗教改革の根本思想を簡潔にまとめたものである。〈収録タイトル〉告白/キリスト者の自由※この電子書籍は、オンデマンド本「ワイド版世界の大思想」を底本としております。

この作品を共有

「ワイド版世界の大思想 第2期」最新刊

未来をひらく実存主義の全貌─ハイデッガーの「有と時」の理解に立ち、全く異なる次元に独自の思索を展開する「存在と無」。その政治的発言の端初をなす「唯物論と革命」。浩翰な「弁証法的理性の批判」の序説「方法の問題」。代表的著作から思想の全貌を体系的にとらえた。〈収録タイトル〉存在と無(抄)/唯物論と革命/方法の問題※この電子書籍は、オンデマンド本「ワイド版世界の大思想」を底本としております。

「ワイド版世界の大思想 第2期」作品一覧

(14冊)

各3,300(税込)

まとめてカート

初代キリスト教会最大の教父アウグスチヌスの「告白」は、ルソーの「告白録」トルストイの「わが懺悔」とならんで、世界の三大告白の一をなす。最後の三巻をも含めて完訳した。ルターのこの代表作は宗教改革の根本思想を簡潔にまとめたものである。〈収録タイトル〉告白/キリスト者の自由※この電子書籍は、オンデマンド本「ワイド版世界の大思想」を底本としております。

モンテーニュくらいその作品のなかで自己を語る思想家は少ない。彼にとってはまず己れを知ることが必要であり、内外の自己を精神という精密な裏ごしにかけて吟味し、試すことが必要なのであった。フランスの近代思想は彼に始まる。パスカルはそこに<世俗の聖書>を見た。〈収録タイトル〉随想録(エセー)上※この電子書籍は、オンデマンド本「ワイド版世界の大思想」を底本としております。

モンテーニュくらいその作品のなかで自己を語る思想家は少ない。彼にとってはまず己れを知ることが必要であり、内外の自己を精神という精密な裏ごしにかけて吟味し、試すことが必要なのであった。フランスの近代思想は彼に始まる。パスカルはそこに<世俗の聖書>を見た。〈収録タイトル〉随想録(エセー)下※この電子書籍は、オンデマンド本「ワイド版世界の大思想」を底本としております。

「ワイド版世界の大思想 第2期」の作品情報

レーベル
――
出版社
河出書房新社
ジャンル
実用 哲学 思想
ページ数
899ページ (ワイド版世界の大思想 第2期〈1〉アウグスチヌス/ルター)
配信開始日
2014年5月9日 (ワイド版世界の大思想 第2期〈1〉アウグスチヌス/ルター)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad