電子書籍 フルスクラッチで作る! 実用

著者: 大神 祐真 

まずは、無料で試し読み

試し読み

17ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

フルスクラッチで作る!UEFIベアメタルプログラミング あらすじ・内容

エディタとコンパイラのみでUEFIファームウェアを叩き、OSっぽいものを作り上げる。

PCのマザーボードには、OSやブートローダーを起動するためのプログラムがマザーボード上のROMに書き込まれています(このようなプログラムを本書では"ファームウェア"と呼びます)。PCの電源を入れると、ROM上のファームウェアがHDD等に存在するOS、あるいはブートローダーをRAMへロードし、実行します。これまでこのようなファームウェアは"BIOS"と呼ばれ、ある程度共通性はありながらも、実装はメーカー独自でした。しかし、PCのファームウェアの仕様を共通化するために"UEFI"が生まれ、近年のPCにはUEFIの仕様に従ったファームウェアが書き込まれています。
そして、実は、UEFIは仕様を共通化するだけでなく、ファームウェアをより高機能にしています。そこで、本書では、UEFIのファームウェアからOS無しで直接呼び出されるプログラムを作成する方法を紹介し、UEFIの機能を呼び出すことでOSっぽいもの(poiOS)を作成する方法を紹介します。
RaspberryPi等ではOS無しでハードウェア上で直接動くプログラムを書くことを"ベアメタルプログラミング"と呼びます。PCでベアメタルプログラミングをやってみたいと思っている人には、その第一歩として、ぜひ読んでみて、試してみていただきたいです。なお、PDF版は http://yuma.ohgami.jp から無償でダウンロードできます。

【目次】
はじめに
第1章 Hello UEFI!
第2章 キー入力を取得する
第3章 画面に絵を描く
第4章 マウス入力を取得する
第5章 ファイル読み書き
第6章 poiOSの機能拡張例
おわりに
参考情報

この作品を共有

「フルスクラッチで作る!」最新刊

0から全て作る「フルスクラッチ」でOS自作を始める本です。いかなるソフトウェアライブラリも使用せず、基本的にエディタとコンパイラ(GCC)のみでOSを作っていきます(厳密にはmakeやリンカも使います)。本書では以下の技術要素について、アプリケーションへ抽象化した機能を提供するための「カーネル」をステップバイステップで実装していきます。・フレームバッファ(画面描画)
・キーボード入力(キーボードコントローラ、KBC)
・割り込み(割り込みコントローラ、PIC)
・ファイルシステム(簡易RAMFS)
本書の最後では、カーネルとして実装したこれらの技術要素を使用するアプリケーションとして「画像ビューア」を作成します。ブートローダーには"poiboot"という独自のものを使用します。実は本書は「フルスクラッチで作る!」シリーズ3冊目で、"poiboot"は前著までの内容を元に作成したブートローダーです。ブートローダーのフルスクラッチにも興味があれば、ぜひ前著もご覧ください。("poiboot"自体はビルド済バイナリを筆者のウェブサイトからダウンロードできます。)なお、前著含め筆者の同人誌のPDF版は筆者のウェブサイト http://yuma.ohgami.jp に無料で公開しています。
【目次】
はじめに
第1章 開発環境とブートローダーの準備
第2章 フレームバッファを制御する
第3章 キーボード入力
第4章 割り込みを使う
第5章 メモリ上の簡易ファイルシステムを用意する
第6章 画像ビューアアプリを作ってみる
付録A 表紙について
付録B poibootについて
付録C GPTフォーマット方法
おわりに
参考情報

「フルスクラッチで作る!」作品一覧

(3冊)

各110(税込)

まとめてカート

PCのマザーボードには、OSやブートローダーを起動するためのプログラムがマザーボード上のROMに書き込まれています(このようなプログラムを本書では"ファームウェア"と呼びます)。PCの電源を入れると、ROM上のファームウェアがHDD等に存在するOS、あるいはブートローダーをRAMへロードし、実行します。これまでこのようなファームウェアは"BIOS"と呼ばれ、ある程度共通性はありながらも、実装はメーカー独自でした。しかし、PCのファームウェアの仕様を共通化するために"UEFI"が生まれ、近年のPCにはUEFIの仕様に従ったファームウェアが書き込まれています。
そして、実は、UEFIは仕様を共通化するだけでなく、ファームウェアをより高機能にしています。そこで、本書では、UEFIのファームウェアからOS無しで直接呼び出されるプログラムを作成する方法を紹介し、UEFIの機能を呼び出すことでOSっぽいもの(poiOS)を作成する方法を紹介します。
RaspberryPi等ではOS無しでハードウェア上で直接動くプログラムを書くことを"ベアメタルプログラミング"と呼びます。PCでベアメタルプログラミングをやってみたいと思っている人には、その第一歩として、ぜひ読んでみて、試してみていただきたいです。なお、PDF版は http://yuma.ohgami.jp から無償でダウンロードできます。

【目次】
はじめに
第1章 Hello UEFI!
第2章 キー入力を取得する
第3章 画面に絵を描く
第4章 マウス入力を取得する
第5章 ファイル読み書き
第6章 poiOSの機能拡張例
おわりに
参考情報

最近のPCのマザーボードにはOSを起動するためにROM上に書き込まれているプログラム(ファームウェア)として、"UEFI"という共通仕様に準拠したファームウェアが書き込まれています。"UEFI"はこれまでの"BIOS"よりも高機能な仕様になっており、前著(パート1)ではそのようなファームウェアから直接呼び出されるプログラムの作り方と、UEFIの機能を呼び出すだけでOSっぽいが作れる事を紹介しました。
本書はパート1では紹介しきれなかったその他のUEFIの機能を呼び出す方法を紹介するTIPS本です。本書ではUEFI上で直接動くプログラムの本来の立ち位置である"ブートローダー"として、"Linuxカーネルの起動方法"等を紹介しています。なお、本書も前著同様にPDF版は http://yuma.ohgami.jp で無償で公開しています。

【目次】
はじめに
第1章 コンソール出力
第2章 キーボード入力
第3章 UEFIアプリケーションのロード・実行
第4章 タイマーイベント
第5章 BootServicesやRuntimeServicesのその他の機能
おわりに
参考情報

0から全て作る「フルスクラッチ」でOS自作を始める本です。いかなるソフトウェアライブラリも使用せず、基本的にエディタとコンパイラ(GCC)のみでOSを作っていきます(厳密にはmakeやリンカも使います)。本書では以下の技術要素について、アプリケーションへ抽象化した機能を提供するための「カーネル」をステップバイステップで実装していきます。・フレームバッファ(画面描画)
・キーボード入力(キーボードコントローラ、KBC)
・割り込み(割り込みコントローラ、PIC)
・ファイルシステム(簡易RAMFS)
本書の最後では、カーネルとして実装したこれらの技術要素を使用するアプリケーションとして「画像ビューア」を作成します。ブートローダーには"poiboot"という独自のものを使用します。実は本書は「フルスクラッチで作る!」シリーズ3冊目で、"poiboot"は前著までの内容を元に作成したブートローダーです。ブートローダーのフルスクラッチにも興味があれば、ぜひ前著もご覧ください。("poiboot"自体はビルド済バイナリを筆者のウェブサイトからダウンロードできます。)なお、前著含め筆者の同人誌のPDF版は筆者のウェブサイト http://yuma.ohgami.jp に無料で公開しています。
【目次】
はじめに
第1章 開発環境とブートローダーの準備
第2章 フレームバッファを制御する
第3章 キーボード入力
第4章 割り込みを使う
第5章 メモリ上の簡易ファイルシステムを用意する
第6章 画像ビューアアプリを作ってみる
付録A 表紙について
付録B poibootについて
付録C GPTフォーマット方法
おわりに
参考情報

「フルスクラッチで作る!」の作品情報

レーベル
へにゃぺんて
出版社
へにゃぺんて
ジャンル
実用 ダイレクト出版 同人誌・個人出版 HOW TO
ページ数
86ページ (フルスクラッチで作る!UEFIベアメタルプログラミング)
配信開始日
2017年11月10日 (フルスクラッチで作る!UEFIベアメタルプログラミング)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad