セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

『フルスクラッチで作る!(実用)』の電子書籍一覧

1 ~3件目/全3件

  • カーネルとアプリのフルスクラッチを始めよう!

    0から全て作る「フルスクラッチ」でOS自作を始める本です。いかなるソフトウェアライブラリも使用せず、基本的にエディタとコンパイラ(GCC)のみでOSを作っていきます(厳密にはmakeやリンカも使います)。本書では以下の技術要素について、アプリケーションへ抽象化した機能を提供するための「カーネル」をステップバイステップで実装していきます。・フレームバッファ(画面描画)
    ・キーボード入力(キーボードコントローラ、KBC)
    ・割り込み(割り込みコントローラ、PIC)
    ・ファイルシステム(簡易RAMFS)
    本書の最後では、カーネルとして実装したこれらの技術要素を使用するアプリケーションとして「画像ビューア」を作成します。ブートローダーには"poiboot"という独自のものを使用します。実は本書は「フルスクラッチで作る!」シリーズ3冊目で、"poiboot"は前著までの内容を元に作成したブートローダーです。ブートローダーのフルスクラッチにも興味があれば、ぜひ前著もご覧ください。("poiboot"自体はビルド済バイナリを筆者のウェブサイトからダウンロードできます。)なお、前著含め筆者の同人誌のPDF版は筆者のウェブサイト http://yuma.ohgami.jp に無料で公開しています。
    【目次】
    はじめに
    第1章 開発環境とブートローダーの準備
    第2章 フレームバッファを制御する
    第3章 キーボード入力
    第4章 割り込みを使う
    第5章 メモリ上の簡易ファイルシステムを用意する
    第6章 画像ビューアアプリを作ってみる
    付録A 表紙について
    付録B poibootについて
    付録C GPTフォーマット方法
    おわりに
    参考情報
  • エディタとコンパイラのみでUEFIファームウェアを叩く本のパート2。Linuxカーネルのブート等のTIPS本。

    最近のPCのマザーボードにはOSを起動するためにROM上に書き込まれているプログラム(ファームウェア)として、"UEFI"という共通仕様に準拠したファームウェアが書き込まれています。"UEFI"はこれまでの"BIOS"よりも高機能な仕様になっており、前著(パート1)ではそのようなファームウェアから直接呼び出されるプログラムの作り方と、UEFIの機能を呼び出すだけでOSっぽいが作れる事を紹介しました。
    本書はパート1では紹介しきれなかったその他のUEFIの機能を呼び出す方法を紹介するTIPS本です。本書ではUEFI上で直接動くプログラムの本来の立ち位置である"ブートローダー"として、"Linuxカーネルの起動方法"等を紹介しています。なお、本書も前著同様にPDF版は http://yuma.ohgami.jp で無償で公開しています。

    【目次】
    はじめに
    第1章 コンソール出力
    第2章 キーボード入力
    第3章 UEFIアプリケーションのロード・実行
    第4章 タイマーイベント
    第5章 BootServicesやRuntimeServicesのその他の機能
    おわりに
    参考情報
  • エディタとコンパイラのみでUEFIファームウェアを叩き、OSっぽいものを作り上げる。

    PCのマザーボードには、OSやブートローダーを起動するためのプログラムがマザーボード上のROMに書き込まれています(このようなプログラムを本書では"ファームウェア"と呼びます)。PCの電源を入れると、ROM上のファームウェアがHDD等に存在するOS、あるいはブートローダーをRAMへロードし、実行します。これまでこのようなファームウェアは"BIOS"と呼ばれ、ある程度共通性はありながらも、実装はメーカー独自でした。しかし、PCのファームウェアの仕様を共通化するために"UEFI"が生まれ、近年のPCにはUEFIの仕様に従ったファームウェアが書き込まれています。
    そして、実は、UEFIは仕様を共通化するだけでなく、ファームウェアをより高機能にしています。そこで、本書では、UEFIのファームウェアからOS無しで直接呼び出されるプログラムを作成する方法を紹介し、UEFIの機能を呼び出すことでOSっぽいもの(poiOS)を作成する方法を紹介します。
    RaspberryPi等ではOS無しでハードウェア上で直接動くプログラムを書くことを"ベアメタルプログラミング"と呼びます。PCでベアメタルプログラミングをやってみたいと思っている人には、その第一歩として、ぜひ読んでみて、試してみていただきたいです。なお、PDF版は http://yuma.ohgami.jp から無償でダウンロードできます。

    【目次】
    はじめに
    第1章 Hello UEFI!
    第2章 キー入力を取得する
    第3章 画面に絵を描く
    第4章 マウス入力を取得する
    第5章 ファイル読み書き
    第6章 poiOSの機能拡張例
    おわりに
    参考情報

・キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
・コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。詳しくはこちら
・決済時に商品の合計税抜金額に対して課税するため、作品詳細ページの表示価格と差が生じる場合がございます。

ページ先頭へ