電子書籍 水上博物館アケローンの夜 文芸・小説

著: 蒼月海里 

まずは、無料で試し読み

試し読み

20ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

水上博物館アケローンの夜 あらすじ・内容

博物館は、生者と死者が交わり境界となる場所。
そこには、悲しみが作り出す「嘆きの川(アケローン)」があった――。

将来を見失った男子学生×三途の川で渡し守をする美青年
切なく優しい博物館ミステリ

「時には、声を上げて泣くことも必要だ」

大学生の出流(いずる)は、閉館間際の東京国立博物館(トーハク)に立ち寄る。
展示物を眺めながら、悲しい思い出を忘れようとしていると、
どこからか湧き上がった大量の水に飲み込まれてしまう。
気を失っていた出流を助けてくれたのは、美青年の渡し守・朧(おぼろ)だった。
朧によると、出流は自分の悲しみが作り出す「嘆きの川」で溺れていたという――。

この作品を共有

「水上博物館アケローンの夜」最新刊

博物館は、生者と死者が交わり境界となる場所。
そこには、悲しみが作り出す「嘆きの川(アケローン)」があった――。

将来を見失った男子学生×三途の川で渡し守をする美青年
切なく優しい博物館ミステリ

「時には、声を上げて泣くことも必要だ」

大学生の出流(いずる)は、閉館間際の東京国立博物館(トーハク)に立ち寄る。
展示物を眺めながら、悲しい思い出を忘れようとしていると、
どこからか湧き上がった大量の水に飲み込まれてしまう。
気を失っていた出流を助けてくれたのは、美青年の渡し守・朧(おぼろ)だった。
朧によると、出流は自分の悲しみが作り出す「嘆きの川」で溺れていたという――。

「水上博物館アケローンの夜」の作品情報

レーベル
幻冬舎単行本
出版社
幻冬舎
ジャンル
文芸・小説 ファンタジー
ページ数
210ページ (水上博物館アケローンの夜)
配信開始日
2018年4月18日 (水上博物館アケローンの夜)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad