電子書籍 教育と平等 大衆教育社会はいかに生成したか(中公新書) 新書

著: 苅谷剛彦 

まずは、無料で試し読み

試し読み

15ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

教育と平等 大衆教育社会はいかに生成したか あらすじ・内容

戦後教育において「平等」はどのように考えられてきたのだろうか。本書が注目するのは、義務教育費の配分と日本的な平等主義のプロセスである。そのきわめて特異な背景には、戦前からの地方財政の逼迫と戦後の人口動態、アメリカから流入した「新教育」思想とが複雑に絡まり合っていた。セーフティネットとしての役割を維持してきたこの「戦後レジーム」がなぜ崩壊しつつあるのか、その原点を探る。

この作品を共有

「教育と平等 大衆教育社会はいかに生成したか(中公新書)」最新刊

戦後教育において「平等」はどのように考えられてきたのだろうか。本書が注目するのは、義務教育費の配分と日本的な平等主義のプロセスである。そのきわめて特異な背景には、戦前からの地方財政の逼迫と戦後の人口動態、アメリカから流入した「新教育」思想とが複雑に絡まり合っていた。セーフティネットとしての役割を維持してきたこの「戦後レジーム」がなぜ崩壊しつつあるのか、その原点を探る。

「教育と平等 大衆教育社会はいかに生成したか(中公新書)」の作品情報

レーベル
中公新書
出版社
中央公論新社
ジャンル
新書 教育
ページ数
336ページ (教育と平等 大衆教育社会はいかに生成したか)
配信開始日
2014年1月24日 (教育と平等 大衆教育社会はいかに生成したか)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad