電子書籍 証言の心理学 記憶を信じる、記憶を疑う(中公新書) 新書

著: 高木光太郎 

まずは、無料で試し読み

試し読み

21ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

証言の心理学 記憶を信じる、記憶を疑う あらすじ・内容

人は嘘をつこうとしていないのに、体験していない出来事を見たり聞いたりしたと証言してしまうことがある。証言の聴き手が、それと気づかないうちに虚偽の証言や自白を生み出す手助けをしてしまうこともある。人間の記憶は脆く、他者の記憶とのネットワークによって成立している。これを法廷という非日常の「現場」に生かすことは果たしてできるのか。興味深い実例を交え、心理学研究の最前線をわかりやすく説明する。

この作品を共有

「証言の心理学 記憶を信じる、記憶を疑う(中公新書)」最新刊

人は嘘をつこうとしていないのに、体験していない出来事を見たり聞いたりしたと証言してしまうことがある。証言の聴き手が、それと気づかないうちに虚偽の証言や自白を生み出す手助けをしてしまうこともある。人間の記憶は脆く、他者の記憶とのネットワークによって成立している。これを法廷という非日常の「現場」に生かすことは果たしてできるのか。興味深い実例を交え、心理学研究の最前線をわかりやすく説明する。

「証言の心理学 記憶を信じる、記憶を疑う(中公新書)」の作品情報

レーベル
中公新書
出版社
中央公論新社
ジャンル
新書 心理学
ページ数
218ページ (証言の心理学 記憶を信じる、記憶を疑う)
配信開始日
2014年1月17日 (証言の心理学 記憶を信じる、記憶を疑う)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad