電子書籍 いちばん恐いのは家族―心理療法の現場から【分冊版】 マンガ

完結
著: 曽根富美子 

まずは、無料で試し読み

試し読み

19ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

いちばん恐いのは家族―心理療法の現場から【分冊版】(1) 第1話 あらすじ・内容

家庭内暴力、摂食障害、醜貌(しゅうぼう)恐怖…様々な心の病。
その原因を「その子も私達も含めた家族全体の中にある」という視点で、「家」という「その場」を直すことで心を回復させる―…それが「家族療法」。
家族が抱える心の病、そしてそれを克服しようと懸命に努力する姿、壮絶な治療過程を丁寧に描いた“家族”傑作選。
※本書はぶんか社刊の単行本『家族再生~心理療法の現場から』から『子供の私が震えている』『アンビバレンス』を除き、『見つからない心、母と娘』『母さん 僕を抱きしめて!』を加え、改題・再編集し電子書籍化したものです。

この作品を共有
  

「いちばん恐いのは家族―心理療法の現場から【分冊版】」最新刊

家庭内暴力、摂食障害、醜貌(しゅうぼう)恐怖…様々な心の病。
その原因を「その子も私達も含めた家族全体の中にある」という視点で、「家」という「その場」を直すことで心を回復させる―…それが「家族療法」。
家族が抱える心の病、そしてそれを克服しようと懸命に努力する姿、壮絶な治療過程を丁寧に描いた“家族”傑作選。
※本書はぶんか社刊の単行本『家族再生~心理療法の現場から』から『子供の私が震えている』『アンビバレンス』を除き、『見つからない心、母と娘』『母さん 僕を抱きしめて!』を加え、改題・再編集し電子書籍化したものです。

「いちばん恐いのは家族―心理療法の現場から【分冊版】」作品一覧

(7冊)

各220(税込)

まとめてカート

家庭内暴力、摂食障害、醜貌(しゅうぼう)恐怖…様々な心の病。
その原因を「その子も私達も含めた家族全体の中にある」という視点で、「家」という「その場」を直すことで心を回復させる―…それが「家族療法」。
家族が抱える心の病、そしてそれを克服しようと懸命に努力する姿、壮絶な治療過程を丁寧に描いた“家族”傑作選。
※本書はぶんか社刊の単行本『家族再生~心理療法の現場から』から『子供の私が震えている』『アンビバレンス』を除き、『見つからない心、母と娘』『母さん 僕を抱きしめて!』を加え、改題・再編集し電子書籍化したものです。

家庭内暴力、摂食障害、醜貌(しゅうぼう)恐怖…様々な心の病。
その原因を「その子も私達も含めた家族全体の中にある」という視点で、「家」という「その場」を直すことで心を回復させる―…それが「家族療法」。
家族が抱える心の病、そしてそれを克服しようと懸命に努力する姿、壮絶な治療過程を丁寧に描いた“家族”傑作選。
※本書はぶんか社刊の単行本『家族再生~心理療法の現場から』から『子供の私が震えている』『アンビバレンス』を除き、『見つからない心、母と娘』『母さん 僕を抱きしめて!』を加え、改題・再編集し電子書籍化したものです。

家庭内暴力、摂食障害、醜貌(しゅうぼう)恐怖…様々な心の病。
その原因を「その子も私達も含めた家族全体の中にある」という視点で、「家」という「その場」を直すことで心を回復させる―…それが「家族療法」。
家族が抱える心の病、そしてそれを克服しようと懸命に努力する姿、壮絶な治療過程を丁寧に描いた“家族”傑作選。
※本書はぶんか社刊の単行本『家族再生~心理療法の現場から』から『子供の私が震えている』『アンビバレンス』を除き、『見つからない心、母と娘』『母さん 僕を抱きしめて!』を加え、改題・再編集し電子書籍化したものです。

「いちばん恐いのは家族―心理療法の現場から【分冊版】」の作品情報

レーベル
――
出版社
シュークリーム
ジャンル
マンガ 女性マンガ 女性向け レディースコミック 完結
ページ数
56ページ (いちばん恐いのは家族―心理療法の現場から【分冊版】(1) 第1話)
配信開始日
2018年4月27日 (いちばん恐いのは家族―心理療法の現場から【分冊版】(1) 第1話)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad