電子書籍 被災大学は何をしてきたか 福島大、岩手大、東北大の光と影(中公新書ラクレ) 新書

著: 中井浩一 

まずは、無料で試し読み

試し読み

56ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

被災大学は何をしてきたか 福島大、岩手大、東北大の光と影 あらすじ・内容

「地方国立大学不要論」を払拭すべく、法人化後の大学はここぞの危機で社会貢献ができるよう地域の中核的存在をめざしてきた。震災前からの中長期の改革の流れを視野に入れながら、個々の取り組みを大学ウオッチャーが徹底取材。活躍した人・組織の成功の理由は? 巨額の復興予算に潜む問題とは? 地方国立大学はいま何をすべきか?

この作品を共有

「被災大学は何をしてきたか 福島大、岩手大、東北大の光と影(中公新書ラクレ)」最新刊

「地方国立大学不要論」を払拭すべく、法人化後の大学はここぞの危機で社会貢献ができるよう地域の中核的存在をめざしてきた。震災前からの中長期の改革の流れを視野に入れながら、個々の取り組みを大学ウオッチャーが徹底取材。活躍した人・組織の成功の理由は? 巨額の復興予算に潜む問題とは? 地方国立大学はいま何をすべきか?

「被災大学は何をしてきたか 福島大、岩手大、東北大の光と影(中公新書ラクレ)」の作品情報

レーベル
中公新書ラクレ
出版社
中央公論新社
ジャンル
新書 ノンフィクション
ページ数
547ページ (被災大学は何をしてきたか 福島大、岩手大、東北大の光と影)
配信開始日
2014年6月13日 (被災大学は何をしてきたか 福島大、岩手大、東北大の光と影)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad