電子書籍 「天才王子の赤字国家再生術」シリーズ(GA文庫) ラノベ

著者: 鳥羽徹  イラストレーター: ファルまろ 
みんなの★
★ ★ ★ ★ ★

まずは、無料で試し読み

試し読み

144ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

天才王子の赤字国家再生術 ~そうだ、売国しよう~ あらすじ・内容

「こんな国、さっさと売って隠居生活だ!」

完全に詰んでる国家の運営、無茶ブリされました!

「さすが殿下! これが狙いとは!」
「どこまでもついて参ります!」
「殿下!」「殿下!」「殿下!」「殿下!」
『(一体どうしてこうなった!?)』
資源も人材も兵力もない弱小国家を背負うことになった若き王子ウェイン。

文武に秀で、臣下からの信頼も厚い彼にはひそかな願いがあった。
「国売ってトンズラしてえええ!」
そう、王子の本性は悠々自適の隠居生活を目論む売国奴だったのだ!
だが、大国に媚びを売ろうと外交すれば予期せず一方的に利益を手にし、隣国との戦争で程よく勝とうとすれば大勝利。
名声は上がるが売国は遠のき、臣民はイケイケ状態で退くに退けない!?
天才王子による予想外だらけの弱小国家運営譚、開幕! ※電子版は紙書籍版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

この作品を共有

「「天才王子の赤字国家再生術」シリーズ(GA文庫)」最新刊

完全に詰んでる国家の運営、無茶ブリされました!

「さすが殿下! これが狙いとは!」
「どこまでもついて参ります!」
「殿下!」「殿下!」「殿下!」「殿下!」
『(一体どうしてこうなった!?)』
資源も人材も兵力もない弱小国家を背負うことになった若き王子ウェイン。

文武に秀で、臣下からの信頼も厚い彼にはひそかな願いがあった。
「国売ってトンズラしてえええ!」
そう、王子の本性は悠々自適の隠居生活を目論む売国奴だったのだ!
だが、大国に媚びを売ろうと外交すれば予期せず一方的に利益を手にし、隣国との戦争で程よく勝とうとすれば大勝利。
名声は上がるが売国は遠のき、臣民はイケイケ状態で退くに退けない!?
天才王子による予想外だらけの弱小国家運営譚、開幕! ※電子版は紙書籍版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

「「天才王子の赤字国家再生術」シリーズ(GA文庫)」のおすすめコメント

天才王子の赤字国家再生術 ~そうだ、売国しよう~ ぽえ夢(BOOK☆WALKER スタッフ)

登録日:2018/05/24

王子様(16)は、国を売り飛ばして隠居したい

弱小国家ナトラの王子:ウェインは文武に秀で、臣下に慕われる若き指導者。 しかし裏では…、 「国売ってトンズラしてえええ!」 なんて物騒なことを叫んでいる売国奴なのでした。 “売国奴”というパワーワードだけ聞くと嫌な奴のようですけれど、ウェインは無責任に国を放り出すことはせず、きちんと根回しした上で大国に売国しようという、すごく理想的(?)な売国奴。 さらに、裏では王子とは思えないくらいにフランクなので、売国奴な設定でも憎めないキャラなんです。 着々と売国計画を進めるウェインでしたが、予想外の動乱が彼を襲います。 大国に根回しを始めたら相手国の王が死去し、その混乱に乗じて別の隣国が攻めてくるという…。 持ち前の有能さで(仕方なく)不測の事態を乗り越えていたら、上がる士気!高まる名声!広がる領土! これだけ成功を収めると、すごい名君に見えてしまいますよね。 …当人は、ただの売国奴なんですけどね! 果たしてウェインは、自国を売国して楽隠居できるのでしょうか? 天才王子による予想外だらけの弱小国家運営譚、ここに開幕です!

「「天才王子の赤字国家再生術」シリーズ(GA文庫)」の作品情報

レーベル
GA文庫
出版社
SBクリエイティブ
ジャンル
ライトノベル 男性向け 試し読み増量中
ページ数
269ページ (天才王子の赤字国家再生術 ~そうだ、売国しよう~)
配信開始日
2018年5月17日 (天才王子の赤字国家再生術 ~そうだ、売国しよう~)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad