電子書籍 UXリサーチの道具箱(オーム社) 実用

著: 樽本徹也 

まずは、無料で試し読み

試し読み

15ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

UXリサーチの道具箱 イノベーションのための質的調査・分析 あらすじ・内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

─ UXリサーチ「7つ道具」のクイックガイド ─

人間中心設計、デザイン思考、リーンスタートアップ、アジャイル開発、etc...。イノベーション創出のためのアプローチは様々ですが、すべては「ユーザニーズ」を把握することから始まります。表面的なユーザの「声」ではなく、「真」のユーザニーズを探り、それを分析して可視化する──それが『ユーザ調査』の役割です。

ユーザ調査とは「何が欲しいか」をヒアリングすることではありません。また、アンケート調査やグループインタビューを実施して「購入意向」を推定することでもありません。人類学に由来するユニークなテクニックを用いて私たち自身の「物事の見方」を変えることです。

本書は、日本ではまだ馴染みの薄い、このユーザ調査の基本テクニックを紹介する入門書です。ユーザインタビュー、データ分析、ペルソナ、シナリオ、ジャーニーマップ、ジョブ理論、キャンバスというUXリサーチャ必携の「7つ道具」を著者の豊富な実務経験に基づいて解説します。エンジニア、デザイナ、プロダクトマネージャ、起業家など、革新的な製品やサービスの企画・開発に携わる幅広い職種で役立つ内容です。

<本書の特徴>
◎ユーザ調査の基本テクニックを紹介。「7つ道具」の使い方が分かる。
◎各章の内容は独立。どこからでも読み始められる、読み終えられる。
◎各章では各手法のエッンスを1万字前後で記述。サクッと読める。
◎各章の最後に厳選した読書ガイドを掲載。知識が広がる。
◎全編イラストが満載。楽しく読める。

この作品を共有

「UXリサーチの道具箱(オーム社)」最新刊

─ UXリサーチ・シリーズ第2弾は待望の「評価編」 ─

「ユーザビリティテスト」とは、ユーザがタスク(作業課題)を実行する過程を観察して問題点を発見するというユーザビリティ評価手法のひとつです。テストと改善を繰り返し行うことによって、製品の利用品質は目覚ましく向上します。数あるUXリサーチ手法の中でも、最も使用頻度の高い最重要手法です。

本書は、プロUXリサーチャの豊富な実務経験に基づいて書かれた実践ガイドブックです。同著者の前作『UXリサーチの道具箱―イノベーションのための質的調査・分析―』(2018年)は調査手法がテーマでしたが、今作では評価手法をテーマにしています。

本書の構成(全6章+附録)は以下のようになっています。
◎第1章はユーザビリティテストを実施するうえで前提となる基本知識を簡潔に解説しています。
◎第2章から第5章は本書の中核です。「1リクルート」「2設計」「3実査」「4分析(再設計含む)」というテスト実施プロセスを各ステップにつき1章単位で丁寧に解説しています。
◎第6章は応用編です。「質問紙法」や「ツリーテスト」など7つの関連手法を紹介しています。また、附録には「タスク事例集」として実際のテストで使用したシナリオとタスクの実物を12本掲載しています。

いずれの章も20~30ページ程度の手軽なボリュームにまとまっており、著者の軽快な筆致と相まってサクサクと読み進められます。読者は、本書を片手に自分自身でもユーザビリティテストをやってみたくなるのではないでしょうか。

プロダクトマネージャ、エンジニア、デザイナ、起業家など、製品やサービスの品質向上に取り組む必要がある幅広い職種で役に立つ内容です。

<目次>
第1章:ユーザビリティテスト概論
1-1 UCDにおける評価
1-2 ユーザビリティテストの基礎
章末コラム: UTブックガイド

第2章:求人ガイド
2-1 テスト計画
2-2 リクルート
章末コラム:謝礼にまつわるエトセトラ

第3章:設計ガイド
3-1 タスク設計
3-2 テスト設計
章末コラム: UXラボ原論

第4章:実査ガイド
4-1 実録ユーザビリティテスト
4-2 司会者の心得
4-3 見学者の心得
章末コラム: UXリサーチの倫理学

第5章:分析ガイド
5-1 データ分析
5-2 再設計
章末コラム: ExcelでUX統計学

第6章: UTちょい足しレシピ集
6-1 質問紙法(SUS)
6-2 共同発見法
6-3 オズの魔法使い
6-4 ホームページツアー
6-5 ツリーテスト
6-6 OOBE
6-7 リモートUXリサーチ

附録: UTタスク事例集

「UXリサーチの道具箱(オーム社)」作品一覧

(2冊)

各2,420(税込)

まとめてカート

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

─ UXリサーチ「7つ道具」のクイックガイド ─

人間中心設計、デザイン思考、リーンスタートアップ、アジャイル開発、etc...。イノベーション創出のためのアプローチは様々ですが、すべては「ユーザニーズ」を把握することから始まります。表面的なユーザの「声」ではなく、「真」のユーザニーズを探り、それを分析して可視化する──それが『ユーザ調査』の役割です。

ユーザ調査とは「何が欲しいか」をヒアリングすることではありません。また、アンケート調査やグループインタビューを実施して「購入意向」を推定することでもありません。人類学に由来するユニークなテクニックを用いて私たち自身の「物事の見方」を変えることです。

本書は、日本ではまだ馴染みの薄い、このユーザ調査の基本テクニックを紹介する入門書です。ユーザインタビュー、データ分析、ペルソナ、シナリオ、ジャーニーマップ、ジョブ理論、キャンバスというUXリサーチャ必携の「7つ道具」を著者の豊富な実務経験に基づいて解説します。エンジニア、デザイナ、プロダクトマネージャ、起業家など、革新的な製品やサービスの企画・開発に携わる幅広い職種で役立つ内容です。

<本書の特徴>
◎ユーザ調査の基本テクニックを紹介。「7つ道具」の使い方が分かる。
◎各章の内容は独立。どこからでも読み始められる、読み終えられる。
◎各章では各手法のエッンスを1万字前後で記述。サクッと読める。
◎各章の最後に厳選した読書ガイドを掲載。知識が広がる。
◎全編イラストが満載。楽しく読める。

─ UXリサーチ・シリーズ第2弾は待望の「評価編」 ─

「ユーザビリティテスト」とは、ユーザがタスク(作業課題)を実行する過程を観察して問題点を発見するというユーザビリティ評価手法のひとつです。テストと改善を繰り返し行うことによって、製品の利用品質は目覚ましく向上します。数あるUXリサーチ手法の中でも、最も使用頻度の高い最重要手法です。

本書は、プロUXリサーチャの豊富な実務経験に基づいて書かれた実践ガイドブックです。同著者の前作『UXリサーチの道具箱―イノベーションのための質的調査・分析―』(2018年)は調査手法がテーマでしたが、今作では評価手法をテーマにしています。

本書の構成(全6章+附録)は以下のようになっています。
◎第1章はユーザビリティテストを実施するうえで前提となる基本知識を簡潔に解説しています。
◎第2章から第5章は本書の中核です。「1リクルート」「2設計」「3実査」「4分析(再設計含む)」というテスト実施プロセスを各ステップにつき1章単位で丁寧に解説しています。
◎第6章は応用編です。「質問紙法」や「ツリーテスト」など7つの関連手法を紹介しています。また、附録には「タスク事例集」として実際のテストで使用したシナリオとタスクの実物を12本掲載しています。

いずれの章も20~30ページ程度の手軽なボリュームにまとまっており、著者の軽快な筆致と相まってサクサクと読み進められます。読者は、本書を片手に自分自身でもユーザビリティテストをやってみたくなるのではないでしょうか。

プロダクトマネージャ、エンジニア、デザイナ、起業家など、製品やサービスの品質向上に取り組む必要がある幅広い職種で役に立つ内容です。

<目次>
第1章:ユーザビリティテスト概論
1-1 UCDにおける評価
1-2 ユーザビリティテストの基礎
章末コラム: UTブックガイド

第2章:求人ガイド
2-1 テスト計画
2-2 リクルート
章末コラム:謝礼にまつわるエトセトラ

第3章:設計ガイド
3-1 タスク設計
3-2 テスト設計
章末コラム: UXラボ原論

第4章:実査ガイド
4-1 実録ユーザビリティテスト
4-2 司会者の心得
4-3 見学者の心得
章末コラム: UXリサーチの倫理学

第5章:分析ガイド
5-1 データ分析
5-2 再設計
章末コラム: ExcelでUX統計学

第6章: UTちょい足しレシピ集
6-1 質問紙法(SUS)
6-2 共同発見法
6-3 オズの魔法使い
6-4 ホームページツアー
6-5 ツリーテスト
6-6 OOBE
6-7 リモートUXリサーチ

附録: UTタスク事例集

「UXリサーチの道具箱(オーム社)」の作品情報

レーベル
――
出版社
オーム社
ジャンル
実用 ビジネス 教養
ページ数
159ページ (UXリサーチの道具箱 イノベーションのための質的調査・分析)
配信開始日
2018年5月11日 (UXリサーチの道具箱 イノベーションのための質的調査・分析)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad