電子書籍 歌舞伎座の快人 1984年の團十郎、猿之助、仁左衛門、玉三郎、勘三郎 実用

著: 松島奈巳 

まずは、無料で試し読み

試し読み

25ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

歌舞伎座の快人 1984年の團十郎、猿之助、仁左衛門、玉三郎、勘三郎 あらすじ・内容

80年代当時、勘三郎・歌右衛門のベテランに、幸四郎(現・白鸚)・吉右衛門・團十郎・菊五郎は40代。孝夫(現・仁左衛門)
&玉三郎が爆発的人気をよび、勘九郎(十八代目勘三郎)と八十助(十代目三津五郎)はまだ20代。昭和最後期、百花繚乱の
輝きを放っていた歌舞伎界。本書は、大学時代に歌舞伎座に通いつめた筆者による編年代(主に1984.1988年)の回想録です。
当時、人気では当代随一だった三代目市川猿之助(現・猿翁)を軸に、全24話にて各話で一人の役者&演目を中心に取りあげ、
公式記録には残らないエピソードも記します。

この作品を共有

「歌舞伎座の快人 1984年の團十郎、猿之助、仁左衛門、玉三郎、勘三郎」最新刊

80年代当時、勘三郎・歌右衛門のベテランに、幸四郎(現・白鸚)・吉右衛門・團十郎・菊五郎は40代。孝夫(現・仁左衛門)
&玉三郎が爆発的人気をよび、勘九郎(十八代目勘三郎)と八十助(十代目三津五郎)はまだ20代。昭和最後期、百花繚乱の
輝きを放っていた歌舞伎界。本書は、大学時代に歌舞伎座に通いつめた筆者による編年代(主に1984.1988年)の回想録です。
当時、人気では当代随一だった三代目市川猿之助(現・猿翁)を軸に、全24話にて各話で一人の役者&演目を中心に取りあげ、
公式記録には残らないエピソードも記します。

「歌舞伎座の快人 1984年の團十郎、猿之助、仁左衛門、玉三郎、勘三郎」の作品情報

レーベル
――
出版社
淡交社
ジャンル
実用 エッセイ 芸能
ページ数
261ページ (歌舞伎座の快人 1984年の團十郎、猿之助、仁左衛門、玉三郎、勘三郎)
配信開始日
2018年5月11日 (歌舞伎座の快人 1984年の團十郎、猿之助、仁左衛門、玉三郎、勘三郎)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad