電子書籍 背筋の凍る話 文芸・小説

著: 桜金造 

まずは、無料で試し読み

試し読み

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

背筋の凍る話(1) あらすじ・内容

その日は、何もしなくても汗が流れて来るような真夏日でした。夜七時ごろ、仕事帰りにいつものようにコンビニに立ち寄り、買い物をすませ、自動ドアを出たその時です。ガードレールの端っこの柱の上に、おかっぱ頭の女の子の顔が、ちょこんとのってるんですよ。そうだなあ、大きさはみかんぐらい。しかも顔だけ。最初は誰かが人形の頭をぽこっとのせたのかな? ぐらいに思ってたんですよ。(「小さな幽霊」より)
 怪談の名手・桜金造が語る、恐怖の体験談! その第1弾が大幅な加筆修正を経て、電子で復刊。

*小さな幽霊
*手
*嫉妬する霊
*神楽坂
*霊に取り憑かれた日々
*交通事故
*座敷童子
*『ガキの使い』の収録にて
*タクシー
*友引
*初めての恐怖体験

●桜金造(さくら・きんぞう)
1956年、広島県生まれ。コメディ集団「ザ・ハンダース」の結成・解散を経て、アゴ勇と共にお笑いコンビ「アゴ&キンゾー」としての活動をスタート。俳優として、伊丹十三監督の映画『タンポポ』『マルサの女』のほか、数多くの映画・TVドラマに出演。近年は、怪談の語り手としても活躍している。

この作品を共有

「背筋の凍る話」最新刊

気づいた時には、もう、深夜の四時をまわっていました。疲れていたんでしょう、あっと言う間に、三時間近くも寝ていたんです。「あれ?」テレビが消えているんですよ。つけっぱなしにしていたはずのテレビが、です。(いつの間に消したのかな)なんて思っていると、ふと気がついたんです。シーン……とね、異常なほど、静まり返っていることに。(「ホテルに住む男」より)
 怪談の名手・桜金造が語る、恐怖の体験談! その第4弾が大幅な加筆修正を経て、電子で復刊。

*カメの甲羅
*ハト
*サッカー少年
*堕胎
*頭を洗わない男
*ダイレクトメール
*思い込みの激しい男
*ホスト
*犬女
*隣人の声
*ホテルに住む男
*和室? それとも洋室?
*ヒロシマの子

●桜金造(さくら・きんぞう)
1956年、広島県生まれ。コメディ集団「ザ・ハンダース」の結成・解散を経て、アゴ勇と共にお笑いコンビ「アゴ&キンゾー」としての活動をスタート。俳優として、伊丹十三監督の映画『タンポポ』『マルサの女』のほか、数多くの映画・TVドラマに出演。近年は、怪談の語り手としても活躍している。

「背筋の凍る話」作品一覧

(4冊)

各385(税込)

まとめてカート

その日は、何もしなくても汗が流れて来るような真夏日でした。夜七時ごろ、仕事帰りにいつものようにコンビニに立ち寄り、買い物をすませ、自動ドアを出たその時です。ガードレールの端っこの柱の上に、おかっぱ頭の女の子の顔が、ちょこんとのってるんですよ。そうだなあ、大きさはみかんぐらい。しかも顔だけ。最初は誰かが人形の頭をぽこっとのせたのかな? ぐらいに思ってたんですよ。(「小さな幽霊」より)
 怪談の名手・桜金造が語る、恐怖の体験談! その第1弾が大幅な加筆修正を経て、電子で復刊。

*小さな幽霊
*手
*嫉妬する霊
*神楽坂
*霊に取り憑かれた日々
*交通事故
*座敷童子
*『ガキの使い』の収録にて
*タクシー
*友引
*初めての恐怖体験

●桜金造(さくら・きんぞう)
1956年、広島県生まれ。コメディ集団「ザ・ハンダース」の結成・解散を経て、アゴ勇と共にお笑いコンビ「アゴ&キンゾー」としての活動をスタート。俳優として、伊丹十三監督の映画『タンポポ』『マルサの女』のほか、数多くの映画・TVドラマに出演。近年は、怪談の語り手としても活躍している。

今度はぼそぼそと何人かで話している声が、僕の部屋の中で聞こえたんですよ。ちょうど僕が寝ているところから死角になっている、入り口辺りですよ。その声は、ミーティングか何かをしているような雰囲気でしたね。よく聞いてみると、何だかイヤなことを言ってるんですよ、これが。「川をどうする……川をいつ渡る」僕の部屋からはちょうど高瀬川が見えたんですよ。しかもこのホテルから一〇分もかからないところにこの川がある。何だかいやだなあ、と思っているうちに……。(「ホテル・旅館」より)
 怪談の名手・桜金造が語る、恐怖の体験談! その第2弾が大幅な加筆修正を経て、電子で復刊。

*さまよっている霊
*ガラスにぶつかった死体
*電車
*お札
*いる? いない?
*肝試し
*あの世の年齢
*ホテル・旅館
*身内の話

●桜金造(さくら・きんぞう)
1956年、広島県生まれ。コメディ集団「ザ・ハンダース」の結成・解散を経て、アゴ勇と共にお笑いコンビ「アゴ&キンゾー」としての活動をスタート。俳優として、伊丹十三監督の映画『タンポポ』『マルサの女』のほか、数多くの映画・TVドラマに出演。近年は、怪談の語り手としても活躍している。

手術が始まり、すべてが順調に進んでいるように見えました。ふと、彼はおかしなことに気が付いたって言うんですね。手術室に入る時も五人。自分を入れて六人だった。これは間違いない。執刀医、助手、婦長、看護婦、看護婦。もう一人いるって言うんです。そいつは執刀医の横で、大きなマスクと帽子をかぶっているんで、顔はわからない。(「医療ミス」より)
 怪談の名手・桜金造が語る、恐怖の体験談! その第3弾が大幅な加筆修正を経て、電子で復刊。

*幽霊は水が好き
*ほほえましい霊
*男の姿
*メル友にご用心
*きんさんの霊
*お久しぶりね
*蛇になったお父さん
*医療ミス
*ゴミババア
*犬
*エレベーター
*ティッシュ配り

●桜金造(さくら・きんぞう)
1956年、広島県生まれ。コメディ集団「ザ・ハンダース」の結成・解散を経て、アゴ勇と共にお笑いコンビ「アゴ&キンゾー」としての活動をスタート。俳優として、伊丹十三監督の映画『タンポポ』『マルサの女』のほか、数多くの映画・TVドラマに出演。近年は、怪談の語り手としても活躍している。

「背筋の凍る話」の作品情報

レーベル
――
出版社
アドレナライズ
ジャンル
文芸・小説 ホラー
ページ数
170ページ (背筋の凍る話(1))
配信開始日
2018年5月11日 (背筋の凍る話(1))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad