電子書籍 知る悲しみ やっぱり男は死ぬまでロマンティックな愚か者(講談社+α文庫) 文芸・小説

著: 島地勝彦 

まずは、無料で試し読み

試し読み

30ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

知る悲しみ やっぱり男は死ぬまでロマンティックな愚か者 あらすじ・内容

元「週刊プレイボーイ」誌の名物編集長が、「東京スポーツ」紙上で連載している人気コラムをまとめた処女エッセイ集「甘い生活」の続編である。単なる有名編集長の回顧録、編集論にとどまらない、男として、ロマンティックな愚か者として、ユーモアとペーソスを糧に、面白おかしく生きていく技術を教えてくれる。巻頭言は伊集院静氏、装画は横尾忠則氏が担当して、シマジワールドを彩る。

この作品を共有

「知る悲しみ やっぱり男は死ぬまでロマンティックな愚か者(講談社+α文庫)」最新刊

元「週刊プレイボーイ」誌の名物編集長が、「東京スポーツ」紙上で連載している人気コラムをまとめた処女エッセイ集「甘い生活」の続編である。単なる有名編集長の回顧録、編集論にとどまらない、男として、ロマンティックな愚か者として、ユーモアとペーソスを糧に、面白おかしく生きていく技術を教えてくれる。巻頭言は伊集院静氏、装画は横尾忠則氏が担当して、シマジワールドを彩る。

「知る悲しみ やっぱり男は死ぬまでロマンティックな愚か者(講談社+α文庫)」の作品情報

レーベル
講談社+α文庫
出版社
講談社
ジャンル
文芸・小説 エッセイ ノンフィクション
ページ数
355ページ (知る悲しみ やっぱり男は死ぬまでロマンティックな愚か者)
配信開始日
2018年5月18日 (知る悲しみ やっぱり男は死ぬまでロマンティックな愚か者)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad