電子書籍 海を駆ける 文芸・小説

著: 深田晃司 

まずは、無料で試し読み

試し読み

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

海を駆ける あらすじ・内容

海から来た謎の男が、奇跡と愛をもたらしてゆく

『淵に立つ』でカンヌ映画祭ほか内外の絶賛を浴びた深田晃司監督が、ディーン・フジオカ主演の最新映画(5月公開)を自ら小説化!

インドネシア、バンダ・アチェの浜辺に打ち上げられた、日本人らしき謎の男。
彼の正体を探る周りの人間たちの間に、波紋が広がっていく……。
2004年のスマトラ島大津波と、2011年の東日本大震災。
そして、第二次大戦中は日本の軍政下に置かれ、オランダからの独立戦争においては日本人義勇兵が支援した、インドネシアと日本の歴史上の因縁。さまざまな要素が織り込まれ、映画のストーリーをさらに発展させた力作です。

この作品を共有

「海を駆ける」最新刊

海から来た謎の男が、奇跡と愛をもたらしてゆく

『淵に立つ』でカンヌ映画祭ほか内外の絶賛を浴びた深田晃司監督が、ディーン・フジオカ主演の最新映画(5月公開)を自ら小説化!

インドネシア、バンダ・アチェの浜辺に打ち上げられた、日本人らしき謎の男。
彼の正体を探る周りの人間たちの間に、波紋が広がっていく……。
2004年のスマトラ島大津波と、2011年の東日本大震災。
そして、第二次大戦中は日本の軍政下に置かれ、オランダからの独立戦争においては日本人義勇兵が支援した、インドネシアと日本の歴史上の因縁。さまざまな要素が織り込まれ、映画のストーリーをさらに発展させた力作です。

「海を駆ける」の作品情報

レーベル
文春e-Books
出版社
文藝春秋
ジャンル
文芸・小説
ページ数
124ページ (海を駆ける)
配信開始日
2018年5月12日 (海を駆ける)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad