電子書籍 金色の文字使い(富士見ファンタジア文庫) ラノベ

著者: 十本スイ  イラスト: すまき俊悟 
みんなの★
★ ★ ★ ★ ★

まずは、無料で試し読み

試し読み

30ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

金色の文字使い ―勇者四人に巻き込まれたユニークチート― あらすじ・内容

チート魔法が常識をくつがえす!“ぼっち”少年の異世界英雄譚!

勇者召喚されたクラスのリア充たちに“巻き込まれ”異世界に連れてこられた高校生の丘村ヒイロ。浮かれるリア充たちに背を向け、ひとり旅立つ彼はまだ知らない。やがて“ヒーロー”と呼ばれることになる未来を……。

この作品を共有

「金色の文字使い(富士見ファンタジア文庫)」最新刊

アヴォロスの策略により、日色が現代に強制送還させられてしまう。さらに魔神・ネツァッファが復活してしまった事で戦局は絶望的に。そんな中ミュアは、再びこの世界に“英雄”を呼び戻すべく立ち上がる――!

「金色の文字使い(富士見ファンタジア文庫)」作品一覧

(17冊)

580円〜660円(+税)

まとめてカート

勇者召喚されたクラスのリア充たちに“巻き込まれ”異世界に連れてこられた高校生の丘村ヒイロ。浮かれるリア充たちに背を向け、ひとり旅立つ彼はまだ知らない。やがて“ヒーロー”と呼ばれることになる未来を……。

《獣の檻》との騒動を切り抜けた日色たちは、疲れを癒やすため道中の温泉で休むことに。混浴を恥ずかしがるミュアをよそにマイペースにくつろぐ日色だったが、とつぜん空から少女――ウィンカァが降ってきて!?

ブスカドル研究所を制し《獣人界》の目前まで来た日色たち。だが国境の関所で宿敵《獣の檻》と鉢合わせてしまう。そこで偶然(?)出会ったふしぎな絵筆を持つ旅人から、関所を通る奇抜な作戦を持ちかけられて――?  〈電子応援店限定版〉として、カバーイラストコレクションを特別収録!

「金色の文字使い(富士見ファンタジア文庫)」の作品情報

レーベル
富士見ファンタジア文庫
出版社
KADOKAWA / 富士見書房
ジャンル
ライトノベル 男性向け めがイラスト 異世界
ページ数
315ページ (金色の文字使い ―勇者四人に巻き込まれたユニークチート―)
配信開始日
2014年5月20日 (金色の文字使い ―勇者四人に巻き込まれたユニークチート―)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad