電子書籍 赤かぶ検事奮戦記(祥伝社文庫) 文芸・小説

著者: 和久峻三 

まずは、無料で試し読み

試し読み

21ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

吉野山千本桜殺人事件 あらすじ・内容

修復工事のため水を抜かれた紀伊山地のダム底から、20年前に水没した土蔵が現われた。その中には失踪した町長の死体が!町長は巨額の水没補償金を着服し、芸者と失踪したはずだった。赤かぶ検事が究明に乗り出そうとした矢先、吉野山で芸者の絞殺死体が発見された!

この作品を共有

「赤かぶ検事奮戦記(祥伝社文庫)」最新刊

京都・清滝トンネル内で幼稚園児の送迎車が消失!誘拐犯は幼稚園を経営する寺の総本山に身代金1億円を要求してきた。その受け渡しを巡り、富士山麓に繰り広げられる壮絶な追跡捜査。黒幕の正体は?送迎車消失のトリックとは?赤かぶ検事と息子・柊正雄判事補の推理行!

「赤かぶ検事奮戦記(祥伝社文庫)」作品一覧

(4冊)

495〜550(税込)

まとめてカート

修復工事のため水を抜かれた紀伊山地のダム底から、20年前に水没した土蔵が現われた。その中には失踪した町長の死体が!町長は巨額の水没補償金を着服し、芸者と失踪したはずだった。赤かぶ検事が究明に乗り出そうとした矢先、吉野山で芸者の絞殺死体が発見された!

京の豪邸で、赤かぶ検事が主と能面を鑑賞していた時である。土蔵で執事が刺殺され、能面七点が消え失せた。だが、土蔵は常に検事の視野にあったのだ。犯人なき殺人!?混乱する捜査陣を翻弄するように、さらに伊豆で第二、第三の殺人が…。

香川県観音寺市を訪れた赤かぶ検事は巨大な寛永通寶の砂絵を見学中、砂絵内で争う人影を目撃する。急行すると大量の血痕を残して被害者は消えていた。困惑する捜査陣をよそに、さらに奇怪な連続殺人が…。赤かぶ検事と行天燎子警部補の名コンビが贈る、渾身の本格ミステリー!

「赤かぶ検事奮戦記(祥伝社文庫)」の作品情報

レーベル
祥伝社文庫
出版社
祥伝社
ジャンル
文芸・小説 ミステリー・推理・サスペンス 推理 日本文学
ページ数
316ページ (吉野山千本桜殺人事件)
配信開始日
2018年5月19日 (吉野山千本桜殺人事件)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad