電子書籍 麻雀鳳凰城(麻雀ピカレスク・シリーズ) マンガ

著者: みやぞえ郁雄  原作: 志村裕次 

まずは、無料で試し読み

試し読み

18ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

麻雀鳳凰城 1巻 あらすじ・内容

超能力麻雀大戦「風の雀吾」の姉妹編とも言える、世紀末麻雀伝説ここに復活?

西暦2050年、核戦争のあとで暴力が支配する時代となった荒廃した世界。3人の若者、大文字タケル・矢動丸拓磨・神宮ヒカルは世界の闇に君臨する謎の存在、鳳凰城へと旅立つ。城へとたどり着くためには、彼らの前に立ちふさがる12人の門番を麻雀勝負で倒さなくてはならない。はたして3人の目的は何か、そして鳳凰城とは何なのか! 超能力麻雀大戦「風の雀吾」の姉妹編とも言える、世紀末麻雀伝説ここに復活?

この作品を共有
  

「麻雀鳳凰城(麻雀ピカレスク・シリーズ)」最新刊

世界に君臨する鳳凰城、核戦争を起こしたのも実は彼らだった。そして大文字タケル・矢動丸拓磨・神宮ヒカルの3人は、次期城主候補として城に来るように仕向けられていたのだ。しかし鳳凰城で待っていたものはさらなる衝撃の真実であった。次期城主となるのは誰か、鳳凰城の巨大な力を手にする者は一体誰になるのか? 80年代前半に「漫画タウン」誌で連載されたSF麻雀漫画の傑作。超能力麻雀大戦「風の雀吾」の姉妹編とも言える、世紀末麻雀伝説ここに完結?

「麻雀鳳凰城(麻雀ピカレスク・シリーズ)」作品一覧

(2冊)

各550(税込)

まとめてカート

西暦2050年、核戦争のあとで暴力が支配する時代となった荒廃した世界。3人の若者、大文字タケル・矢動丸拓磨・神宮ヒカルは世界の闇に君臨する謎の存在、鳳凰城へと旅立つ。城へとたどり着くためには、彼らの前に立ちふさがる12人の門番を麻雀勝負で倒さなくてはならない。はたして3人の目的は何か、そして鳳凰城とは何なのか! 超能力麻雀大戦「風の雀吾」の姉妹編とも言える、世紀末麻雀伝説ここに復活?

世界に君臨する鳳凰城、核戦争を起こしたのも実は彼らだった。そして大文字タケル・矢動丸拓磨・神宮ヒカルの3人は、次期城主候補として城に来るように仕向けられていたのだ。しかし鳳凰城で待っていたものはさらなる衝撃の真実であった。次期城主となるのは誰か、鳳凰城の巨大な力を手にする者は一体誰になるのか? 80年代前半に「漫画タウン」誌で連載されたSF麻雀漫画の傑作。超能力麻雀大戦「風の雀吾」の姉妹編とも言える、世紀末麻雀伝説ここに完結?

「麻雀鳳凰城(麻雀ピカレスク・シリーズ)」の作品情報

レーベル
麻雀ピカレスク・シリーズ
出版社
ユサブル
ジャンル
マンガ 男性向け 青年マンガ
ページ数
187ページ (麻雀鳳凰城 1巻)
配信開始日
2017年10月24日 (麻雀鳳凰城 1巻)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad