電子書籍 みんな忘れた 文芸・小説

著: 野見山暁治 

まずは、無料で試し読み

試し読み

13ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

みんな忘れた あらすじ・内容

97歳、今日も描き続ける洋画家の、22の無伴奏の記憶──
100年近い歳月に日本やパリでふれあった22人との交遊を、卓越した感性と描写力でつづった底光りするエッセイ。前作『とこしえのお嬢さん』につづき、永遠に埋もれかけた記憶のたぐいまれなる交遊の記録。カラー口絵付。

この作品を共有

「みんな忘れた」最新刊

97歳、今日も描き続ける洋画家の、22の無伴奏の記憶──
100年近い歳月に日本やパリでふれあった22人との交遊を、卓越した感性と描写力でつづった底光りするエッセイ。前作『とこしえのお嬢さん』につづき、永遠に埋もれかけた記憶のたぐいまれなる交遊の記録。カラー口絵付。

「みんな忘れた」の作品情報

レーベル
――
出版社
平凡社
ジャンル
文芸・小説 エッセイ 美術・アート
ページ数
139ページ (みんな忘れた)
配信開始日
2018年5月25日 (みんな忘れた)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad