電子書籍 徴収職員のための 滞調法の基本と実務 実用

著: 吉国智彦 

まずは、無料で試し読み

試し読み

74ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

徴収職員のための 滞調法の基本と実務 あらすじ・内容

国税・地方税・社会保険料等の滞納処分と私債権による強制執行が競合した際に、市町村・都道府県・日本年金機構・国税庁等の徴収職員が適切な法的対応を取ることができるよう、滞調法等の徴収実務関係法令について判例等の図解を豊富に盛り込んで解説する。

この作品を共有

「徴収職員のための 滞調法の基本と実務」最新刊

国税・地方税・社会保険料等の滞納処分と私債権による強制執行が競合した際に、市町村・都道府県・日本年金機構・国税庁等の徴収職員が適切な法的対応を取ることができるよう、滞調法等の徴収実務関係法令について判例等の図解を豊富に盛り込んで解説する。

「徴収職員のための 滞調法の基本と実務」の作品情報

レーベル
――
出版社
第一法規
ジャンル
実用 憲法・法律
ページ数
1,494ページ (徴収職員のための 滞調法の基本と実務)
配信開始日
2018年5月25日 (徴収職員のための 滞調法の基本と実務)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad