電子書籍 帝国海軍イージス戦隊(ヴィクトリー ノベルス) 文芸・小説

著: 林譲治 

まずは、無料で試し読み

試し読み

20ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

帝国海軍イージス戦隊(1)鉄壁の超速射砲、炸裂! あらすじ・内容

新シリーズ スタート!ガダルカナル奪還作戦 開始!B17爆撃隊を超速射砲が撃破する!昭和16年、日米の建艦競争が激しくなる中、海軍は八五〇〇トン級軽巡洋艦の新造を決定した。基盤となる船体をすべて共通化することで重巡にも使用でき、さらに飛行甲板を施せば改造空母になるものだった。昭和17年5月から、九八式一五センチ砲「超速射砲」を装備した阿賀野型軽巡四隻が建造された。同年6月、ミッドウェー海戦で空母四隻を失った日本海軍は、防空艦として阿賀野型軽巡四隻による第一〇戦隊を編成したのだった。そうした中、米軍とのガダルカナル島の争奪戦が勃発。ラバウルを訪れていた阿賀野型四隻は、急ぎ第八艦隊と共に米軍部隊の撃滅に向かう……。初陣となる第一〇戦隊は、米海軍の攻撃を阻止できるのか!!

この作品を共有

「帝国海軍イージス戦隊(ヴィクトリー ノベルス)」最新刊

新シリーズ スタート!ガダルカナル奪還作戦 開始!B17爆撃隊を超速射砲が撃破する!昭和16年、日米の建艦競争が激しくなる中、海軍は八五〇〇トン級軽巡洋艦の新造を決定した。基盤となる船体をすべて共通化することで重巡にも使用でき、さらに飛行甲板を施せば改造空母になるものだった。昭和17年5月から、九八式一五センチ砲「超速射砲」を装備した阿賀野型軽巡四隻が建造された。同年6月、ミッドウェー海戦で空母四隻を失った日本海軍は、防空艦として阿賀野型軽巡四隻による第一〇戦隊を編成したのだった。そうした中、米軍とのガダルカナル島の争奪戦が勃発。ラバウルを訪れていた阿賀野型四隻は、急ぎ第八艦隊と共に米軍部隊の撃滅に向かう……。初陣となる第一〇戦隊は、米海軍の攻撃を阻止できるのか!!

「帝国海軍イージス戦隊(ヴィクトリー ノベルス)」の作品情報

レーベル
ヴィクトリー ノベルス
出版社
電波社
ジャンル
文芸・小説 架空戦記
ページ数
208ページ (帝国海軍イージス戦隊(1)鉄壁の超速射砲、炸裂!)
配信開始日
2018年6月8日 (帝国海軍イージス戦隊(1)鉄壁の超速射砲、炸裂!)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad