電子書籍 5時過ぎランチ 文芸・小説

著: 羽田圭介 

まずは、無料で試し読み

試し読み

27ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

5時過ぎランチ あらすじ・内容

敵はヤクザ、刑事、そして国家権力――この仕事、ブラック過ぎて腹が空く。芥川賞作家・羽田圭介だから書ける限りなく危険なお仕事&犯罪小説! ●「新しい任務を伝えに来た」「ある程度は休みがほしい。……俺でないと駄目なのか」「手が空いている人員が他にいない」(「内なる殺人者」より)●ガソリンスタンドのアルバイト、アレルギー持ちの殺し屋、写真週刊誌の女性記者。日々過酷な仕事に臨む三人が遭遇した、しびれるほどの〈時間外労働〉! 今後10年は書けない作品です。ある種の真面目さに満ちた仕事小説を、ぜひ。――羽田圭介

この作品を共有

「5時過ぎランチ」最新刊

敵はヤクザ、刑事、そして国家権力――この仕事、ブラック過ぎて腹が空く。芥川賞作家・羽田圭介だから書ける限りなく危険なお仕事&犯罪小説! ●「新しい任務を伝えに来た」「ある程度は休みがほしい。……俺でないと駄目なのか」「手が空いている人員が他にいない」(「内なる殺人者」より)●ガソリンスタンドのアルバイト、アレルギー持ちの殺し屋、写真週刊誌の女性記者。日々過酷な仕事に臨む三人が遭遇した、しびれるほどの〈時間外労働〉! 今後10年は書けない作品です。ある種の真面目さに満ちた仕事小説を、ぜひ。――羽田圭介

「5時過ぎランチ」の作品情報

レーベル
――
出版社
実業之日本社
ジャンル
文芸・小説 ミステリー・推理・サスペンス
ページ数
239ページ (5時過ぎランチ)
配信開始日
2018年5月25日 (5時過ぎランチ)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad