電子書籍 食糧人類 文芸・小説

著: 水谷健吾  イラスト: イナベカズ 

まずは、無料で試し読み

試し読み

30ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

食糧人類 あらすじ・内容

その日、人類は「食糧」となった。

巨大な異形の生物群が来襲した。
自分たちを「新人類」と呼ぶその生物に捕らえられたナツネと山引は、絶望的な光景を目にする。
新人類は、人間を捕獲、調理し、食べる。まるで人類が家畜にしてきたように無造作に。
ナツネは愛する者を守るため、山引は自分の好奇心を満たすために、ある決断をする――。

生き物は「奪われる」ことに敏感だ。しかし「奪う」ことにはあまりに鈍感である。

大人気コミック「食糧人類-Starving Anonymous-」原案小説、電子限定で刊行。

この作品を共有

「食糧人類」最新刊

その日、人類は「食糧」となった。

巨大な異形の生物群が来襲した。
自分たちを「新人類」と呼ぶその生物に捕らえられたナツネと山引は、絶望的な光景を目にする。
新人類は、人間を捕獲、調理し、食べる。まるで人類が家畜にしてきたように無造作に。
ナツネは愛する者を守るため、山引は自分の好奇心を満たすために、ある決断をする――。

生き物は「奪われる」ことに敏感だ。しかし「奪う」ことにはあまりに鈍感である。

大人気コミック「食糧人類-Starving Anonymous-」原案小説、電子限定で刊行。

「食糧人類」の作品情報

レーベル
――
出版社
エブリスタ
ジャンル
文芸・小説 SF ミステリー・推理・サスペンス ホラー
ページ数
362ページ (食糧人類)
配信開始日
2017年3月17日 (食糧人類)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad