電子書籍 【大活字シリーズ】新・平家物語 文芸・小説

著者: 吉川英治 

まずは、無料で試し読み

試し読み

20ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

【大活字シリーズ】新・平家物語 一巻 あらすじ・内容

【大活字シリーズ】新・平家物語 一巻
晩年の吉川英治が執筆に7年もの歳月を費やした超大作が遂に電子化!
12世紀初め、藤原政権が衰退を見せ始める。
保延3年(1137年)。
20歳の清盛は、父が誰なのか、思い悩みながらも、家を出た母(祇園女御=泰子)とも確執が生じる。
【大活字シリーズ】は、通常の電子書籍よりも約200%拡大した大きな文字が初期設定されており、小さな文字を読むのが苦手な方、高齢者の方をはじめ、端末操作が苦手な方でも気軽に電子書籍を楽しめるような設定となっています。
タブレット型電子書籍リーダーでの読書に最適な設定となっています。

この作品を共有

「【大活字シリーズ】新・平家物語」最新刊

不朽の名作が大活字になって登場!
晩年の吉川英治が執筆に7年もの歳月を費やした超大作が遂に電子化!
西へ西へと移った平家が、辿り着いた先は、壇ノ浦。ここ壇ノ浦の海戦で潮目を読み、波を味方にするのは、源氏か平家か?義経か知盛りか?
平家の栄華の結末は如何?
1892年8月、神奈川県生まれ。小説家。様々な職を経て作家となる。『鳴門秘帖』などで人気を博し、1935年より新聞連載が始まった『宮本武蔵』は読者を魅了、大衆小説の代表的作品となる。『三国志』、『新・平家物語』、『私本太平記』『新・水滸伝』など後世に残る大作を執筆。

「【大活字シリーズ】新・平家物語」作品一覧

(11冊)

300円〜390円(+税)

まとめてカート

【大活字シリーズ】新・平家物語 一巻
晩年の吉川英治が執筆に7年もの歳月を費やした超大作が遂に電子化!
12世紀初め、藤原政権が衰退を見せ始める。
保延3年(1137年)。
20歳の清盛は、父が誰なのか、思い悩みながらも、家を出た母(祇園女御=泰子)とも確執が生じる。
【大活字シリーズ】は、通常の電子書籍よりも約200%拡大した大きな文字が初期設定されており、小さな文字を読むのが苦手な方、高齢者の方をはじめ、端末操作が苦手な方でも気軽に電子書籍を楽しめるような設定となっています。
タブレット型電子書籍リーダーでの読書に最適な設定となっています。

【大活字シリーズ】新・平家物語 二巻
晩年の吉川英治が執筆に7年もの歳月を費やした超大作が遂に電子化!
保元の乱が遂に勃発。時代が抱えていた膿みが一気に出てくる。
さまざまな思惑、利権が複雑に絡み合い、保元の乱後も世は禍根を残す。
恨みが恨みを呼び、未だ火種として残る源氏と平家の争い……。
【大活字シリーズ】は、通常の電子書籍よりも約250%拡大した大きな文字が初期設定されており、小さな文字を読むのが苦手な方、高齢者の方をはじめ、端末操作が苦手な方でも気軽に電子書籍を楽しめるような設定となっています。
タブレット型電子書籍リーダーでの読書に最適な設定となっています。

【大活字シリーズ】新・平家物語 三巻
晩年の吉川英治が執筆に7年もの歳月を費やした超大作が遂に電子化!
「平家に非ずんば人にあらず」
後白河上皇の信認を得て、太政大臣にまで上り詰める平清盛。娘の徳子を入内させ、平一門の栄華を極めていく。しかし、仁安3年(1168年)、清盛は病に倒れる。回復後、かねてからの日宋貿易誘致への思いが一段と強力になった清盛は、大輪田の泊の築堤に注力を始める。また、厳島神社の整備をはじめ、娘徳子の入内など、彼の隆盛はつづくが、源氏もその勢力を徐々に回復しつつあった……。
【大活字シリーズ】は、通常の電子書籍よりも約200%拡大した大きな文字が初期設定されており、小さな文字を読むのが苦手な方、高齢者の方をはじめ、端末操作が苦手な方でも気軽に電子書籍を楽しめるような設定となっています。
タブレット型電子書籍リーダーでの読書に最適な設定となっています。

「【大活字シリーズ】新・平家物語」の作品情報

レーベル
――
出版社
ゴマブックス
ジャンル
文芸・小説
ページ数
2ページ (【大活字シリーズ】新・平家物語 一巻)
配信開始日
2014年5月22日 (【大活字シリーズ】新・平家物語 一巻)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad