電子書籍 楽しく上達できる 川柳入門 表現のコツ50 実用

著者: 杉山昌善 

まずは、無料で試し読み

試し読み

16ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

楽しく上達できる 川柳入門 表現のコツ50 あらすじ・内容

現代川柳のおもしろさを、この一冊に凝縮!! 言葉選びのテクニックからテーマ設定、鑑賞のポイントまで、たくさんの例句と共に「十七音字の魅力」をご案内します。

★ 現代川柳のおもしろさを、この一冊に凝縮!!

★ 「くすっとできる句」の違いがよくわかる!

★ あえて「ドラマチックな演出」で魅せる方法をご紹介!

★ さまざまな喩え方で想像させるテクニックを学ぼう!

★ 言葉選びのテクニックからテーマ設定、鑑賞のポイントまで、たくさんの例句と共に「十七音字の魅力」をご案内します。


◆◇◆ 監修者からのコメント ◆◇◆

川柳が誕生してから、二百五十余年が経ちます。
その内容は、二つのグループに分けられます。
一つは自分を詠む主観的な川柳で、もう一つは他人を詠む客観的な川柳です。

伝統川柳や政治、世相を風刺する時事川柳は、客観的な視点の川柳です。
新聞に掲載されているものやサラリーマン川柳などがあげられます。

それに対し、現代川柳は、自分を詠むグループで、五七五の主題は自分です。「私」が主役であります。
自分を俯瞰しながらも、揺れ動く心理状態を表現していくのです。
そして、自分に向き合い感情をさらけ出すほど、味わいのある川柳が生まれます。

この世に自分ほど面白い素材はありません。
様々な体験を積めば積むほどその素材の趣は増していくので、人生経験豊富な人ほど共感を呼ぶ作品をつくることができます。
現代川柳は、自分というおもしろさを川柳の中で存分に発揮することができる誰でも楽しめるものです。

本書は川柳に興味を持ち、作句に挑戦してみようという方へ向けて、句を詠むうえでの基本的な事項を踏まえて紹介しています。
本文中には、たくさんのお手本となる句も掲載し、川柳をつくると同時に鑑賞する醍醐味も味わうことができます。

現代川柳を通して、自分を表現する創作の楽しさを感じていただけたら嬉しく思います。

杉山 昌善


◆◇◆ 本書について ◆◇◆

本書では、川柳の知識とうまく詠むための方法を50紹介しています。
川柳の概要、成り立ちから実際に詠むための技術、作家の詠んだレベルの高い作品の鑑賞法までをこの一冊で学ぶことができます。
また川柳を詠んだことがないという方でも、実力をつけていけるでしょう。

もうすでに川柳を楽しんでいる方は、基本に立ち返り改めて詠み方や表現を学ぶことで作句の幅を広げることができるでしょう。
最初から読み進めることが理想ですが、知りたい内容だけをピックアップしていただいても結構です。

また、作品を評価する方法や句会についての知識など、仲間との楽しみ方も紹介しています。
川柳は仲間がいればさらに楽しい趣味になりますので是非とも参考にしてください。


◆◇◆ 主な目次 ◆◇◆

☆PART1 川柳の世界に触れてみよう
*コツ01 川柳のルーツを知る
*コツ02 俳句との違いを知る
・・・など全5項目

☆PART2 川柳上達のテクニック
*コツ06 十七音字で自分の世界をつくる
*コツ07 「上五」「中七」「下五」の名称を知る
・・・など全14項目
*コラム 4つのポイントを参考に句をつくってみよう

☆PART3 川柳を詠んでみよう
*コツ20 喜怒哀楽を五七五に詠む
*コツ21 日常の嬉しさや感動を見つける
・・・など全7項目

☆PART4 川柳を鑑賞する
*コツ27 上達のための作品鑑賞
*コツ28 朴訥なユーモアを味わう
・・・など全15項目

☆PART5 川柳を評価する
*コツ42 選者の役割や資質を知る
*コツ43 添削で技術を高める
・・・など全3項目

☆PART6 川柳の楽しみ方
*コツ45 自分の句を人に読んでもらう
*コツ46 句会に参加してみる
・・・など全5項目

☆PART7 詠む人で変わる川柳の魅力
*コツ50 男女で詠み合う楽しさを鑑賞する
*コツ+α 川柳Q&A

※ 本書は2013年発行の「川柳入門 上達のコツ50 だれでも楽しく詠める」を元に加筆・修正を行ったものです。

この作品を共有

「楽しく上達できる 川柳入門 表現のコツ50」最新刊

★ 現代川柳のおもしろさを、この一冊に凝縮!!

★ 「くすっとできる句」の違いがよくわかる!

★ あえて「ドラマチックな演出」で魅せる方法をご紹介!

★ さまざまな喩え方で想像させるテクニックを学ぼう!

★ 言葉選びのテクニックからテーマ設定、鑑賞のポイントまで、たくさんの例句と共に「十七音字の魅力」をご案内します。


◆◇◆ 監修者からのコメント ◆◇◆

川柳が誕生してから、二百五十余年が経ちます。
その内容は、二つのグループに分けられます。
一つは自分を詠む主観的な川柳で、もう一つは他人を詠む客観的な川柳です。

伝統川柳や政治、世相を風刺する時事川柳は、客観的な視点の川柳です。
新聞に掲載されているものやサラリーマン川柳などがあげられます。

それに対し、現代川柳は、自分を詠むグループで、五七五の主題は自分です。「私」が主役であります。
自分を俯瞰しながらも、揺れ動く心理状態を表現していくのです。
そして、自分に向き合い感情をさらけ出すほど、味わいのある川柳が生まれます。

この世に自分ほど面白い素材はありません。
様々な体験を積めば積むほどその素材の趣は増していくので、人生経験豊富な人ほど共感を呼ぶ作品をつくることができます。
現代川柳は、自分というおもしろさを川柳の中で存分に発揮することができる誰でも楽しめるものです。

本書は川柳に興味を持ち、作句に挑戦してみようという方へ向けて、句を詠むうえでの基本的な事項を踏まえて紹介しています。
本文中には、たくさんのお手本となる句も掲載し、川柳をつくると同時に鑑賞する醍醐味も味わうことができます。

現代川柳を通して、自分を表現する創作の楽しさを感じていただけたら嬉しく思います。

杉山 昌善


◆◇◆ 本書について ◆◇◆

本書では、川柳の知識とうまく詠むための方法を50紹介しています。
川柳の概要、成り立ちから実際に詠むための技術、作家の詠んだレベルの高い作品の鑑賞法までをこの一冊で学ぶことができます。
また川柳を詠んだことがないという方でも、実力をつけていけるでしょう。

もうすでに川柳を楽しんでいる方は、基本に立ち返り改めて詠み方や表現を学ぶことで作句の幅を広げることができるでしょう。
最初から読み進めることが理想ですが、知りたい内容だけをピックアップしていただいても結構です。

また、作品を評価する方法や句会についての知識など、仲間との楽しみ方も紹介しています。
川柳は仲間がいればさらに楽しい趣味になりますので是非とも参考にしてください。


◆◇◆ 主な目次 ◆◇◆

☆PART1 川柳の世界に触れてみよう
*コツ01 川柳のルーツを知る
*コツ02 俳句との違いを知る
・・・など全5項目

☆PART2 川柳上達のテクニック
*コツ06 十七音字で自分の世界をつくる
*コツ07 「上五」「中七」「下五」の名称を知る
・・・など全14項目
*コラム 4つのポイントを参考に句をつくってみよう

☆PART3 川柳を詠んでみよう
*コツ20 喜怒哀楽を五七五に詠む
*コツ21 日常の嬉しさや感動を見つける
・・・など全7項目

☆PART4 川柳を鑑賞する
*コツ27 上達のための作品鑑賞
*コツ28 朴訥なユーモアを味わう
・・・など全15項目

☆PART5 川柳を評価する
*コツ42 選者の役割や資質を知る
*コツ43 添削で技術を高める
・・・など全3項目

☆PART6 川柳の楽しみ方
*コツ45 自分の句を人に読んでもらう
*コツ46 句会に参加してみる
・・・など全5項目

☆PART7 詠む人で変わる川柳の魅力
*コツ50 男女で詠み合う楽しさを鑑賞する
*コツ+α 川柳Q&A

※ 本書は2013年発行の「川柳入門 上達のコツ50 だれでも楽しく詠める」を元に加筆・修正を行ったものです。

「楽しく上達できる 川柳入門 表現のコツ50」の作品情報

レーベル
――
出版社
メイツ出版
ジャンル
実用
ページ数
162ページ (楽しく上達できる 川柳入門 表現のコツ50)
配信開始日
2018年6月5日 (楽しく上達できる 川柳入門 表現のコツ50)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad