電子書籍 つめたい夜を抱いて(扶桑社BOOKSロマンス) 文芸・小説

著者: エリザベス・ノートン  訳者: 颯田あきら 

まずは、無料で試し読み

試し読み

30ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

つめたい夜を抱いて あらすじ・内容

ニューヨーク・タイムズ・ベストセラー作家が贈る圧巻のラブ・サスペンス! 孤独な過去を抱えた男と女。ふたりが出会った奇跡は、恐ろしい事件の始まりだった――。

サマンサ・パーカーは、18年前に兄を目の前で失った忌まわしい記憶に苛まれながら、事件が起きた故郷のヒドゥンフォールズに戻って教師をしている。職場へ派遣されてきた精神科医のイーサンとは、生徒のトラブルを通して自然と惹かれあうが、彼もまた誰にも打ち明けられない過去を抱えていた。不器用なふたりの想いが少しずつ熱を帯びてきたある日、同僚の教師が遺体で発見され、その直後にサマンサも命を狙われてしまう。18 年前の事件の真相を知る、とある人物の魔手が背後に迫りくる……!?

この作品を共有

「つめたい夜を抱いて(扶桑社BOOKSロマンス)」最新刊

ニューヨーク・タイムズ・ベストセラー作家が贈る圧巻のラブ・サスペンス! 孤独な過去を抱えた男と女。ふたりが出会った奇跡は、恐ろしい事件の始まりだった――。

サマンサ・パーカーは、18年前に兄を目の前で失った忌まわしい記憶に苛まれながら、事件が起きた故郷のヒドゥンフォールズに戻って教師をしている。職場へ派遣されてきた精神科医のイーサンとは、生徒のトラブルを通して自然と惹かれあうが、彼もまた誰にも打ち明けられない過去を抱えていた。不器用なふたりの想いが少しずつ熱を帯びてきたある日、同僚の教師が遺体で発見され、その直後にサマンサも命を狙われてしまう。18 年前の事件の真相を知る、とある人物の魔手が背後に迫りくる……!?

「つめたい夜を抱いて(扶桑社BOOKSロマンス)」の作品情報

レーベル
扶桑社BOOKSロマンス
出版社
扶桑社
ジャンル
文芸・小説 海外文学
ページ数
489ページ (つめたい夜を抱いて)
配信開始日
2018年6月8日 (つめたい夜を抱いて)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad