電子書籍 御町見役うずら伝右衛門(講談社文庫) 文芸・小説

著: 東郷隆 

まずは、無料で試し読み

試し読み

30ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

御町見役うずら伝右衛門(上) あらすじ・内容

うずら小屋の番人とは、世を忍ぶ仮の姿! 「うずら伝右衛門」こと志摩銀之丞は、尾張藩主・徳川宗春の「隠秘御用」を務める御側足軽で居合の達人。質素倹約で享保の改革を進める将軍・吉宗に対し、景気刺激策をとる宗春の命を受けた伝右衛門は、下屋敷内に東海道五十三次を模した町屋を造成することに!?

この作品を共有

「御町見役うずら伝右衛門(講談社文庫)」最新刊

享保の改革に反抗する尾張藩主・宗春に対し、老中・松平乗邑はあの手この手の妨害工作に出る。伝右衛門の活躍で毒殺の危機をのりこえた宗春は、完成した架空の街の遊覧に将軍・吉宗を招待するが、二人の接近を危惧した乗邑は忍びの者に御町屋を焼き討ちさせる。伝右衛門と忍者軍団の攻防はいかに……?

「御町見役うずら伝右衛門(講談社文庫)」作品一覧

(2冊)

各785(税込)

まとめてカート

うずら小屋の番人とは、世を忍ぶ仮の姿! 「うずら伝右衛門」こと志摩銀之丞は、尾張藩主・徳川宗春の「隠秘御用」を務める御側足軽で居合の達人。質素倹約で享保の改革を進める将軍・吉宗に対し、景気刺激策をとる宗春の命を受けた伝右衛門は、下屋敷内に東海道五十三次を模した町屋を造成することに!?

享保の改革に反抗する尾張藩主・宗春に対し、老中・松平乗邑はあの手この手の妨害工作に出る。伝右衛門の活躍で毒殺の危機をのりこえた宗春は、完成した架空の街の遊覧に将軍・吉宗を招待するが、二人の接近を危惧した乗邑は忍びの者に御町屋を焼き討ちさせる。伝右衛門と忍者軍団の攻防はいかに……?

「御町見役うずら伝右衛門(講談社文庫)」の作品情報

レーベル
講談社文庫
出版社
講談社
ジャンル
文芸・小説 日本文学 時代小説 歴史
ページ数
399ページ (御町見役うずら伝右衛門(上))
配信開始日
2018年6月15日 (御町見役うずら伝右衛門(上))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad