電子書籍 汝、鉤十字を背負いて頂を奪え(竹書房文庫) 文芸・小説

著: ハリー・ファージング 

まずは、無料で試し読み

試し読み

30ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

汝、鉤十字を背負いて頂を奪え 上 あらすじ・内容

鉤十字のピッケルが導くのは、絶望か頂か――
第2次世界大戦前、ヒムラーはひとりの兵士に史上初のエベレスト踏破を命じた!

虜になる作品。エベレストの頂(いただき)と登山家の内なる狂気へと読者をいざなう……なんというプロットだろう。見事と言うに尽きる。
――サー・ロバート・スワン(作家・人類初の徒歩による北極点及び南極点踏破者)

1938年。ドイツ猟兵部隊のヨーゼフ・ベッカーは卓越した登山技術を使い、
仲間と共にけわしい山を越え、ユダヤ人の国外逃亡を助けていた。
だが、ある日彼らは捕縛され友人たちは罠にかけられ命を落とす。
ただひとり生き残ったヨーゼフにヒムラーから指令が下る。
それは、ナチスのために人類初のエベレストを制覇しろというものだった――。
現代。ニール・クインは山に魅入られた男だが、
いまでは金のために山岳ガイドをしていた。
今回の仕事は少年冒険家のエベレスト登頂に付き添うことだったが、
少年は亡くなり危うく遭難しかけたところを救出される。
彼に残ったのは山中で発見した、鉤十字が刻まれた1本のピッケルだけだった。
そして、そのピッケルが彼の運命を大きく変えてゆく。
歴史ミステリと山岳小説の頂点!

この作品を共有

「汝、鉤十字を背負いて頂を奪え(竹書房文庫)」最新刊

歩み続けろ、後悔は山頂に置いてゆけ
鉤十字のピッケルを狙い、ネオナチが暗躍し、謎の骨董商が動き出す!

登山に犯罪ドラマ、そして歴史ミステリ。通常では考えにくい組み合わせをファージングは見事に実現してみせた。裏切りや栄華に人間対自然といった要素のすべてが巧く描かれており、さらに歴史の謎と魅力的な登場人物たちが加わって完璧な物語に仕上がっている。まさに最高の一冊だ。
――〈アズ・オールウェイズ〉

1939年。訓練を終えたヨーゼフはチベットへと向かう。
イギリス軍の監視の目をかいくぐり頂上を目指さなくてはいけないが、
同行するシェルパが揉めごとを起こすなど山に至るまでの道も険しいものだった――。
現代。クインが発見したピッケルを狙い、謎めいたドイツ人骨董商、ネオナチらがうごめきだす。
骨董商を訪ね詳しい情報を得たクインだったが、
彼への復讐をもくろむサロンとピッケルを狙うネオナチからの襲撃を受ける。
そして、彼は何かに導かれるかのようにふたたびエベレストの頂点を目指すことになる――。
果たしてヨーゼフはエベレスト登頂に成功したのか? すべての世界最高峰に眠っている……。

「汝、鉤十字を背負いて頂を奪え(竹書房文庫)」作品一覧

(2冊)

各935(税込)

まとめてカート

鉤十字のピッケルが導くのは、絶望か頂か――
第2次世界大戦前、ヒムラーはひとりの兵士に史上初のエベレスト踏破を命じた!

虜になる作品。エベレストの頂(いただき)と登山家の内なる狂気へと読者をいざなう……なんというプロットだろう。見事と言うに尽きる。
――サー・ロバート・スワン(作家・人類初の徒歩による北極点及び南極点踏破者)

1938年。ドイツ猟兵部隊のヨーゼフ・ベッカーは卓越した登山技術を使い、
仲間と共にけわしい山を越え、ユダヤ人の国外逃亡を助けていた。
だが、ある日彼らは捕縛され友人たちは罠にかけられ命を落とす。
ただひとり生き残ったヨーゼフにヒムラーから指令が下る。
それは、ナチスのために人類初のエベレストを制覇しろというものだった――。
現代。ニール・クインは山に魅入られた男だが、
いまでは金のために山岳ガイドをしていた。
今回の仕事は少年冒険家のエベレスト登頂に付き添うことだったが、
少年は亡くなり危うく遭難しかけたところを救出される。
彼に残ったのは山中で発見した、鉤十字が刻まれた1本のピッケルだけだった。
そして、そのピッケルが彼の運命を大きく変えてゆく。
歴史ミステリと山岳小説の頂点!

歩み続けろ、後悔は山頂に置いてゆけ
鉤十字のピッケルを狙い、ネオナチが暗躍し、謎の骨董商が動き出す!

登山に犯罪ドラマ、そして歴史ミステリ。通常では考えにくい組み合わせをファージングは見事に実現してみせた。裏切りや栄華に人間対自然といった要素のすべてが巧く描かれており、さらに歴史の謎と魅力的な登場人物たちが加わって完璧な物語に仕上がっている。まさに最高の一冊だ。
――〈アズ・オールウェイズ〉

1939年。訓練を終えたヨーゼフはチベットへと向かう。
イギリス軍の監視の目をかいくぐり頂上を目指さなくてはいけないが、
同行するシェルパが揉めごとを起こすなど山に至るまでの道も険しいものだった――。
現代。クインが発見したピッケルを狙い、謎めいたドイツ人骨董商、ネオナチらがうごめきだす。
骨董商を訪ね詳しい情報を得たクインだったが、
彼への復讐をもくろむサロンとピッケルを狙うネオナチからの襲撃を受ける。
そして、彼は何かに導かれるかのようにふたたびエベレストの頂点を目指すことになる――。
果たしてヨーゼフはエベレスト登頂に成功したのか? すべての世界最高峰に眠っている……。

「汝、鉤十字を背負いて頂を奪え(竹書房文庫)」の作品情報

レーベル
竹書房文庫
出版社
竹書房
ジャンル
文芸・小説 海外文学
ページ数
350ページ (汝、鉤十字を背負いて頂を奪え 上)
配信開始日
2018年6月8日 (汝、鉤十字を背負いて頂を奪え 上)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad